八百夜最新話11話ネタバレや感想!2019年8月28日更新分

 

最新話掲載のウィングスを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年8月28日発売のWingsにて、八百夜の最新である話11話が掲載されました。

そのネタバレや感想などをまとめていきます!

八百夜最新話11話ネタバレや感想!2019年8月28日更新分

11話ネタバレ

先王が国中の女性を虐殺して女性が絶えたと思われている国、トオワ。

ある日、ヤオと名乗る旅人がやって来ます。
不死身だという彼は、人々に荒唐無稽な話しを語って聞かせ、評判を聞きつけた王・アケトに呼ばれます。

実は少女であるアケトは、ヤオに懐き、段々と健康になり、外の世界へも興味を持ち始めます。

 

勝手に裏山に入り、ケガをして帰って来たアケト。

モリヤからはお小言をもらうも、ケイトやマトは庇ってくれて、環境も少しずつ変わってきている様子です。

隣国のアンドでは、流民達が問題になっていました。

彼らは滅んだ国の流民ですが、死なない男を天空からの使いとして崇めているとのことです。
かつてその男は殺されても蘇り、民を率いて滅びた国を後にし、いつか必ず空の彼方から我々の祖先が救いにやってくる、そして先祖が切り開いた地に皆で渡るのだ、と伝えた。

 

「そしてキチを探せ!祖先の乗り物ご降り立つ場所、キチにて我らは祖先を出迎え、もてなし、供に空へと旅立つのだ!」

 

との伝説を信じてキチという場所を探して流浪しているという民を、処刑しろと、王は命じます。

そんなたわ言を広めるわけにいかない、との理由で。

ヤオがこの話しを広めてないか、と国中に聞き込みが回りますが、誰もそんな話しは聞いていない、と返します。

 

アケトを庇って山に入っていたヤオは、イワテの庭、というところに迷い込みます。

そこで年寄り達から囲まれて、不老不死の理由を教えろ、と迫られます。

もう先がないと思っている老人達に死なずに済む方法を尋ねられても、本当に自分でも理由がわからないのだと告げ、だったら出て行け、と追い出されそうになります。

その時、アケトの祖々父の弟だという老人に声をかけられます。

その老人は、70年前にヤオにあったことがあると言い、目が見えないので、触ってヤオの顔を確認します。

周囲の人は、その話しを信じてはいませんが、老人は、死後の世界についてヤオに尋ねます。
でも、ヤオは、すぐに帰って来てしまうせいか、そういったところは見たことかない、と答えて戻っていきます。

一人になって、70年前の目の悪い子供の事を思い出します。

「生きてか、よかった」と。

ヤオが戻ろうとする山中で不審な集団を見かけたころ、アケトが女の子であった事実を、ケイトはタザに相談します。

その事実を、いつ、どうやって皆に知らせるかを迷うケイトですが、タザはアケトの周りに女性が一人もいないことを心配し、リカなら力になれる、と呼び寄せるために早速動き出すところで次回へ続きます。

感想

ヤオの不老不死が本当なのか?という疑問が残るような描かれ方をして来ましたが、少なくとも70年、変わっていない事は判明しましたねー。

そして、流民達が崇めるのは、ヤオの事なのか?

まだまだ謎がいっぱいです。

色々考えるようになってきたアケトちゃんが、ちょっと心配です。

世間知らずの思い込みで何かしてしまわないか、とっても心配です。

このお話がどこに向かっているのか?まだまだ分からなくて、目が離せません。

 

 

最新話掲載のウィングスを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事