アルキメデスの大戦最新話185話ネタバレ!開戦を望むハル長官に櫂が取る対策は?

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月14日発売の週刊少年マガジンにて、アルキメデスの大戦の最新話である185話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

アルキメデスの大戦最新話185話ネタバレ!開戦を望むハル長官に櫂が取る対策は?

とうとう交渉が再開されます。

冒頭から荒れており、米側が日本がリークしたのだろうと、指摘してきて、それを牟田口が言い返します。

 

『喧嘩腰になると強い、こういうときは頼りになる』と櫂が心の中で思う中、話は進みます。

 

米側が矛を収めるかと思われましたが、米側も黙ってはいません。

再度要求を提示してきましたが、それは前回提示された要求よりも厳しい条件であり、日本のリークに対する報復をしてきます。

 

日本はそれに対し、最初と変わらない条件を再度提示。

 

米側のハル長官は挑発的な言葉を放ち、牟田口と言い争いになります。

 

その様子をみた櫂は、ハル長官が『最初から戦争を望んでいる』ことに気づきます。

 

櫂は何か手を打たなければと、米の海軍長官へ話をふります。

米の海軍の意見を聞こうとするも、ハル長官がそれを阻止。

櫂は、陸軍海軍個別に協議をしたいことを伝えるも、それも、却下されてしまいます。

 

米の海軍が戦争したくないことには気づいているので、なんとか巻き込みたいと考えます。

 

そして、一旦会談は終わります。

食事を取っていると、牟田口と櫂は口論になってしまいます。

 

翌日、休養日であったため、頭の整理をするために、櫂は一人で散歩に出かけます。

すると、フィリピン軍元帥のダグラス・マッカーサーが偶然を装って接触してきます。

 

櫂は、マッカーサーをうまく仲介役に出来ないかと、考えてます。

 

他愛もない会話を挟むと、マッカーサーは

「アメリカと日本が戦うことになればフィリピンは真っ先に戦場になる」

といきなり開戦の話をしてきます。

 

櫂は、その言葉に「それだけ危険性を感じているのか」と、考えます。

ここで、185話は終わりでます。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

おすすめの記事