アルキメデスの大戦最新話182話ネタバレや感想!メディアを使う掟破りの策

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年8月26日発売のヤングマガジンにて掲載されたアルキメデスの大戦最新話である182話。

前回、牟田口は会談を無茶苦茶にしたところで終わりました。

米側も、もう会談はしない、という意見で、牟田口の思惑通りに進んでいます。

アルキメデスの大戦最新話182話ネタバレや感想!メディアを使う掟破りの策

182話ネタバレ

櫂は、牟田口の『交渉を壊す』という思惑に気づき、このまま帰国してしまえば、『陸軍は日米開戦を本気で推し進めてしまう』と考えます。

 

一方、米側では、『アメリカとの強調に積極的である』という情報とは全く違う状況に『どうなっているのだ!』と米国務長官が怒鳴ります。

日本海軍や外務省の慌てぶりから、おそらく『陸軍が本心を隠して参加した』と予想。

米国と戦う心構えができている、ということを直接伝えたかったのではないか、と。

 

「いずれにせよ、これ以上の交渉はできない」と、日本との戦争を望んでいる大統領の意向に沿った形でハル国務長官が告げます。

海軍はできれば、日本と戦いたくないものの、交渉は中止となりました。

 

〜日本側〜

「なぜ出国前に和平に賛成でないと言ってくれなかったのですか!?」と声を荒げながら牟田口に問います。

しかし牟田口は落ち着いた態度でタバコを吸いながら、、

 

  • 気が変わった
  • 米国の態度に腹が立った
  • 低俗な国と協定など結べん

 

などと言います。

日本側が交渉を壊したことで、外交的な信用を失ったと日本大使の堀内が嘆くと、

 

  • 弱気なことを抜かすな!
  • 米国が態度を改めるべきである!
  • こっちから頭を下げるなど言語道断!日本人の武士道が許さん!

 

などと、一喝すると、帰りの支度をするため、牟田口は部屋を退出していきます。

 

もう一度、牟田口少将を説得しましょうと意見が上がるも、櫂は「無理だろう」と答え、

  • 日本側から交渉の再開を持ちかけても拒否される
  • 向こうから望む形にしたい

ため、『牟田口を介さない方法を考えるしかない』と話します。

 

どうするべきかと悩んでいると、櫂は一つの新聞を手に取り、「あった!これだ!」と何かを思いつき、米国の新聞記者に連絡をとるよう指示します。

 

〜翌日〜

米側の国務長官が新聞を読むと、『日米和平交渉を米側が一方的に打ち切りか?』という文字に驚き、苛立ちをあらわにします。

その後、国務長官は記者会見の場へ。

多くの質問が一方的に飛ぶ中で、国務長官は心の中で『交渉を打ち切ったなどと言えん』と考えます。

そしてすぐに櫂が仕掛けたと気づいたところで終わります。

感想

牟田口の思惑通りに会談は進み、米側も海軍以外は思い通りの結果となりました。

ですが、やっぱり櫂がやり返しましたね。

極秘で進めていた会談にメディアを使う、という掟破りの作戦。

これは会談を再開するしかなさそうです。

再開するとなればあとは牟田口をどうするのか、という問題を解決していく必要がありますね。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事