【SAKAMOTO DAYS】最新話21話ネタバレや感想!4月26日掲載

 

2021年4月26日発売の週刊少年ジャンプにて、【SAKAMOTO DAYS】の最新話である21話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【SAKAMOTO DAYS】最新話21話ネタバレや感想!4月26日掲載

ルー救出のため、坂本とシンはラボのアジトがある尾久旅科学博物館に突入!

強引に記念写真を撮られ、気に入ってしまい購入したうえに、装着させられた恐竜の被り物が顔を隠すのにちょうどいいと着けたまま進んでいきます。

 

心を読んでラボの人間を見つけ出し、地下への隠し通路を聞き出しました!

それは面倒な手順を踏まなければならず、展示物を決まった通りに操作し、現れたエレベーターに乗り込みますが…指紋認証があったためエラーが起きてしまい、侵入者排除のシステムが作動しました!

 

一方のルーは、地下2階で拘束されたまま運搬されていきます。

しかしトナカイの被り物をした幹部らしき人物が運んできた下っ端・田中に、髪の色も性別も写真と違うと指摘。

嘘をついていたら殺すと丁寧語で脅し、素顔をチラ見せして凄みます!

 

その手も顔もツギハギだらけで、ルーは気味悪く思いました。

 

そこで勢羽は、ルーが替え玉だとアッサリ暴露!

そして本物に心当たりがあると言いました。

 

おかげで田中もルーと同様に縛られて運ばれていきます。

トナカイは勢羽に、「あの方」の期待に応えるために本物の少年を捕まえるよう言いつけるのでした。

 

ルーはトナカイの口元の×マークに見覚えがあると考えていました。

そしてそんな尾久旅科学博物館に、ORDERの神々廻と大佛が調査にやってきており…。

 

侵入者を排除するために襲いかかってきた熊の剥製を撃破した坂本とシン。

ところが今度は恐竜の骨が侵入者排除システムとして起動してしまいました!

<感想>

トナカイの口元の×とは、以前に南雲が話した「×(スラー)」でしょう!

殺し屋殺しに暗躍しているスラーかその関係者が、ラボをシンがいた頃とは別物に変えてしまったのでしょうか?

この事件で大きく話が動いていく予感です!

おすすめの記事