【MFゴースト】最新話142話ネタバレや感想!肘の痛みの状態

 

7番ちゃんの正体が、恋であることを知らされ驚くカナタ。

表彰式が終わり、ひとまず帰ることになるものの、ひじの痛みがぶり返してきて…。

 

2021年5月17日発売のヤングマガジンに掲載された【MFゴースト】の142話のネタバレや感想をお伝えします!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MFゴースト】最新話142話ネタバレや感想!肘の痛みの状態

左ひじが痛みだしてきたことを緒方に話すカナタ。

緒方はMFGのメディカルチームに見てもらおうと提案するも、カナタは首を横に振ります。

 

MFGのメディカルチームに頼むと、関係者に肘の痛みがばれてしまいます。

恋には肘の痛みを隠しておきたいと考えているようです。

 

緒方は深く理由は尋ねず、ひとまず小田原の知っている接骨院に行くことを提案します。

今の場所から15分ほどだそうで、緒方の運転で行くことに。

 

相葉から打ち上げに誘われていたものの、それどころではなくなったため、断ることにします。

その言葉を聞き、少しホッとするカナタ。

恋推しの相葉とは少し会いづらいと考えているようです。

 

どうすればいいのかと聞くカナタ。

緒方はカナタが恋に対してどう思っているのかを尋ねます。

 

「大切な人」「本物の妹のような」などと話すカナタに、恋愛感情があるのかどうかを確認。

すると、カナタは「わからない」と答えます。

とはいえ、顔を真っ赤にして恥ずかしそうにするカナタを見て、カナタが恋のことを「全力で好き」だということを緒方は理解するのでした。

 

その頃、沢渡は自身の愛車である「A110」と向かい合いながら心の中で会話していました。

これ以上の相棒はいないと考えているものの、いつもミハエルに負けてしまうため、乗り換えようと考えているようです。

 

可愛い車と別れるときは、女と別れる時の何倍もつらい。

そう思って泣きそうになる沢渡の元に彼女の沙奈から電話がかかってきました。

 

軽い調子で遊びに誘ってくる沙奈。

沢渡がへこんでいることに気づいており、慰めてくれるとのこと。

最後まで軽い口調なものの、自分のことを誰よりも考えてくれている沙奈の気遣いに、沢渡はきゅんとするのでした。

 

小田原にて。

診察の結果、骨には異常はないものの、重度の打撲であることが判明。

炎症がひどいため、1週間こまめにシップを張り替えて安静にするようにと言われます。

医者に診てもらったことで、ひじの痛みはだいぶ楽になったのでした。

 

今回のレースは、エキサイティングでドラマチックなレースという項目で、ファン投票歴代1位になったようです。

相葉の審議になった場面も、フェアなプレイとして認められ、坂本を抜き10位という結果に。

 

2位の賞金、5千万円は折半となり、緒方自動車のメインバンクである信金の担当者が今回も慌ててすっ飛んでくるのでした。

感想

肘の怪我も重度ではあるものの、ただの打撲だったようでよかったですね。

きちんと安静にすれば、問題なく元に戻るはずです。

1週間なので、恋にはバレることなくすみそうですね。

 

相葉の件に関しては後回しとなりました。

恋の名前は知られてしまったので、近いうちにカナタとの関係もバレることになりそうですが。

 

緒方の問いにより、カナタの恋に対する感情もはっきりさせることができました。

カナタ自身は気づいていないものの、反応が完全に恋する乙女です。

 

レースが終わり、今後恋との関係がどれだけ発展するのかが楽しみですね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事