【MFゴースト】最新話117話ネタバレや感想!カナタの走りに見惚れる諸星

 

2020年9月19日発売のヤングマガジンにて、【MFゴースト】の最新話である117話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

116話 一覧 118話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MFゴースト】最新話117話ネタバレや感想!カナタの走りに見惚れる諸星

トラブル

カナタのハチロクのトラブルに相葉が気づき始めるところから始まります。

相葉はカナタの異常に気づき何があったのかをブースに訊きます。

ギアボックスの故障があったと聞く相葉。

緒方一人ではなく、奥山もサポートしている状況下でのこんなミスはありえない、などと考える緒方。

カナタのことが心配なものの、今は自分のことに集中することに。

 

その頃、エンジェルスへの質問コーナーではまりえが悩みを聞かれていました。

体重の増加が止まらないと話すまりえに、すこし冷たく接するMC。

彼氏ができれば痩せれる。などと彼氏を募集するまりえに対し、MCは秋の総選挙で6位以下だと来季はクビだと厳しい言葉をかけるのでした。

その映像を上有本部長は「俺は好きだけどな」と心の中でつぶやくのでした。

観察

先頭では、沢渡がブースにカナタの様子を確認していました。

カナタがどんどん順位を落としていることを聞き、作戦を変更。

自力でベッケンバウアーと戦うことにします。

 

他の車が虎視眈々と前の車を抜かそうと狙う中、諸星は後ろからカナタの運転を観察していました。

2速のない状況なんて想定したこともなく、こんなやり方もあるのかなどとカナタのドライブテクニックに見惚れる諸星。

抜いてしまうのがもったいない」と思うところで終わります。

感想

連鎖的にトラブルが発生してますね。

これは巻き返すのは至難の技です。

相葉が何かしてくれると思うのですが、そもそも相葉自身も順位をあげれていないので、それはまだまだ先になりそうですね。

 

次回のサブタイトルが「先に行くぜ‼」という名前なので、おそらく次回には諸星に抜かされてしまいそうな気がします。

1位争いは結局、ベッケンバウアーがいつも通り勝ちそうな気がします。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事