【MFゴースト】最新話112話ネタバレや感想!

 

2020年7月27日発売のヤングマガジンにて、【MFゴースト】の最新話である112話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

←111話 一覧 113話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MFゴースト】最新話112話ネタバレや感想!

ハチロクの異変に、実況が気付くところから始まります。

ギアボックスのトラブルで2速を失っているのではないかなどと話されます。

カナタは膝の痛みが気になり、あまりレースに集中できていない様子です。

 

全体の間隔が徐々にばらけつつあり、現在の順位が実況がされます。

 

  1. ベッケンバウアー
  2. 沢渡
  3. 赤羽
  4. 石神
  5. カナタ
  6. 大石
  7. 柳田
  8. 諸星
  9. 坂本
  10. 前園
  11. 八潮
  12. 相葉
  13. 北原
  14. テイラー
  15. 大谷

 

という順位。

大谷は前日に六本木で飲み過ぎたようで、「まさかテイラーと最下位争いとはな」などと考えるのでした。

 

カナタの後ろを走る大石は、ハチロクに異変を感じます。

走りにキレがなく、先頭集団と離れていくものの、道が狭くぬかすこともできないようです。

 

先頭の2台が快調に飛ばし、3位は追いつくことができません。

一位争いはベッケンバウアーと沢渡の一騎打ちとなりました。

 

沢渡はハチロクの場所が気になりブースに尋ねます。

ハチロクがギアボックスのトラブルで後退していることを聞くと、「そう簡単に壊れたりするものか」と実況の解説をまぬけだなどと考えるのでした。

 

沢渡はカナタを巻き込んで、ベッケンバウアーを揺動させる作戦を考えていたようです。

ベッケンバウアーを慌てさせられる爆発力を持つのはカナタだけだと考える沢渡。

カナタが早く追いついてくることを願うのでした。

 

そして、八潮と北原が相葉に何かを仕掛けようとするシーンで終わります。

感想

とうとうカナタの異変に周りが気づき始めました。

ずるずると交代してしまうカナタ。

果たしてここから先頭集団まで追いつくことはできるのでしょうか。

 

後ろは後ろで、相葉が危険な状況に。

カナタの兄貴分として、たまにはかっこいいところを見せて欲しいところです。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事