【MAO】最新話69話ネタバレや感想!11月11日掲載

2020年11月11日発売の週刊少年サンデーにて、【MAO】の69話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

MAO】最新話69話ネタバレや感想!11月11日掲載

摩緒が裏切った事で館の男達は摩緒を追う者、燃え盛る宝物庫に気を取られる者に分かれていて、紗那に気づけたのは夏野だけでした。

紗那は摩緒が裏切ったとは思っておらず、皆を止めようとしていましたが既に裏切ったと決めつけていた男達の殺気を前にして言う事が出来ず、夏野が自分は行くから安全な所へと行くように紗那に言います。

 

現在、摩緒達に真実を話している夏野はあの時一緒にいるべきだったと後悔の言葉を言ったのです。

 

過去に遡り、皆の元へと向かおうとしている摩緒だったが紗那の近くに邪気を感じて後ろを振り返ると、紗那の胸から血が噴き出して倒れてしまい、黒い邪気が心臓を持っていく光景を見てしまいます。

 

現在、話を聞いた菜花はその邪気がゆら子と同じ邪気かと言うと、事情を知らない夏野に摩緒は詳細を話します。

華紋は何で黙っていたんだと聞くと、夏野は白眉が摩緒が紗那を始末したと言っていたし、自分も真実を言ったけど誰も信じなかったし、もう御降家も終わったから誰も真実を知ろうとしなかったと言うと、ゆら子の事が分かったら教えてほしいと言って去ったのです。

 

菜花はゆら子は紗那じゃないし、摩緒は紗那を始末していないと確信していました。

そして菜花は華紋の家のお風呂を借り、摩緒の元へと行くとゆら子を追いかけるのかと聞くも摩緒は何も答えませんでした。

 

菜花は猫鬼が呪いではないかと言っていたと言うと、摩緒は何で猫鬼と会ったのをその事を黙っていたのか、こんなに心配しているのに何で分からないんだと怒ります。

イラッとした菜花は自分だって気を遣っているのに、自分じゃなくて紗那ばかりみていると言い返して摩緒はたじろいだのでした。

感想

真相は摩緒の仕業ではない事は明らかになった形にはなりましたが、この汚名を返上するのは正直厳しい状態みたいですね。

それに摩緒と菜花が最後に口喧嘩してしまったので、かなり気まずい感じが続いてしまうのではないかなと思います。

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事