【EDENS ZERO】最新話136話ネタバレや感想!3月31日掲載

 

2021年3月31日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【EDENS ZERO】の136話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【EDENS ZERO】最新話136話ネタバレや感想!3月31日掲載

グッドウィンはレベッカに目をつけ、その顔をにやけさせます。

怯えるレベッカですが…グッドウィンは「アオネコチャンネルのレベッカ」に大興奮!先ほどまでの威厳をすっかり失い、レベッカの動画の大ファンであることを明かします。

 

反乱軍のリーダーが視聴者というまさかの展開に、レベッカも戸惑い気味。

ラグナもこれは完全に予想外だったようです。

しかも投げ銭であるサポチャをいつもくれる「オアネコ」という視聴者だったのだと、レベッカも心当たりがあり今日一番の笑顔を見せました。

 

しかしラグナのこととなると話は別。

グッドウィンは一転して厳しい表情に戻ります。

シュラを潰すチャンスに手を貸してほしいと頼むラグナに対し、にらみをきかせますが…レベッカとハッピーが頼むと即承諾するのでした!

 

エデンズゼロに残るクルーたちは、ラグナの素性について話していました。

今回のことから、葵宇宙出身で反乱軍のメンバーであったことが判明。

 

しかしネロの打倒を画策する組織に所属していながらもドラッケンの組織にいた。

彼の目的がわからず、未だに謎が多い人物です。

 

そんな中テレビでは、シュラのアンドロイド全廃棄声明を受けた葵宇宙の混乱が報道されていました。

アンドロイドたちによる葵宇宙脱出が頻発しており、神殿に反感を持つ人々も多数。

生活のあらゆる場面を支えてきたアンドロイドが消えたらどうなることか…。

 

シキは機械たちを絶対に消させないと、号泣しながら宣言!

その熱血ぶりにオアシスのメンバーたちも呆れ半分です。

 

グッドウィンはシュラが「オールリンク」を利用するつもりなのだと話し始めました。

葵宇宙には海が広がっており、それが数年に一度満潮になる。

 

すると葵宇宙すべての星が海中に沈み…エーテルと電子が混ざり合ってすべてのネットワークが繋がるというのです!

 

どの星にもエーテル層があるため、浸水はせず住民たちが溺れることはありません。

そんな満潮が3日後にやってくると言います。

つまり今から3日以内にシュラを阻止しなければ、葵宇宙の機械すべてが滅びてしまうということ!

 

ラグナは、シュラと同じ重力使いのシキならシュラを止められる可能性を伝えます。

しかしグッドウィンは、よそ者の力は必要ないと一蹴!

 

そんな矢先、市場に帝国兵がやってきて機械狩りをしているという報告が入り…その伝令を尾行してきた帝国兵が大量に突入してきます!

 

修行のおかげで強くなったシキたちは、それぞれの力で帝国兵たちを圧倒!

目の当たりにしたグッドウィンは心を動かされ…。

<感想>

一触即発の雰囲気にどうなることかと思いましたが、レベッカの配信者活動がここで役に立つとは!

レベッカもこんなに頼もしい熱心なファンがついていて良かったですね。

そして大量の帝国兵に圧勝してしまえるシキたちの強さにスカッとしました。

今の彼らなら本当にシュラを止められるかも…?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事