【EDENS ZERO】最新話134話ネタバレや感想!3月17日掲載

 

2021年3月17日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【EDENS ZERO】の134話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【EDENS ZERO】最新話134話ネタバレや感想!3月17日掲載

レベッカは久々にアオネコチャンネルの動画撮影を開始!

しかしロケ地は泥の惑星・マッドロールで景観はまったく映えていません。

しかもマッドロールは雨の代わりに泥が降ってくる星で、早速レベッカは泥まみれになってしまいました!

 

カウチポはそんな動画を見せられて、内容のシュールさと編集のダサさを指摘。

どうすればいいのかレベッカにアドバイスをしてあげました。

 

マッドロールでは遺物を見つけられたものの、それは大きなビルで持ち帰ることができません。

遺物そのものではなくマザーエーテルを吸収すればいいので、泥に襲われてパニックになる中吸収をすることに。

それを聞いたカウチポは、その部分を動画にするべきだとツッコみました。

 

順調にマザーエーテルが集まってきたものの次に回収する惑星が見つからず、波長を拾うために航行を続けることとなりました。

するとウィッチは、一度葵宇宙を離れるべきかもしれないと言い出しました。

 

ここにはジギー・ネロ・星系連盟軍と巨大なエーテルが集まりすぎており、嫌な予感がするのだと。

 

レベッカの部屋でハッピーは、B・キューブにいつの間にか入っている「EDENS ZERO」の文字について尋ねます。

レベッカはそれをレッドケイプの後に入れたのだと言いました。

 

楽しく過ごして、エデンズゼロが自分の家族のような存在だと感じられたレベッカ。

だから自分の大切にしているものに名前を刻みたかったのです。

 

すると緊急ニュース速報が流れ、5つの星でフォレスタと同様の機械反乱事件が起きたのだと報じられました!

それもオーシャンズにより鎮圧されたとし、”神殿”は機械の危険性を主張。

会見でシュラが登場し、葵宇宙すべての機械を抹消すると発表し…!

 

混乱するエデンズゼロのクルーたち。

ハーミットは、鎮圧は偽装であると言い出しました。5つの惑星にフォレスタのような巨大サーバーがあった痕跡がなく、機械の反乱なんて確認されていない。

つまりは機械皆殺しの口実を作るため、罪のない機械たちを殺して回ったとうことで…!

 

エデンズワンではジギーが、シュラのことを思い通りに動くと言っていました。

機械皆殺しのために起動させるであろう「オールリンクシステム」をジギーは待望していたようです。

しかしシュラはジギーの狙いを見抜いており、それをエサにジギーの命を狙っています!

<感想>

シキたちの修行や行動より遙かに速く、事態は急展開を見せています!

機械が皆殺しにされてしまうと聞けば、シキたちは自分たちだけ逃げおおせるわけにもいかず、機械たちを助けるために奮闘するに違いありません。

シュラとジギーの思惑が交錯する中、戦局はどう動いていくのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事