【Dr. STONE】最新話192話ネタバレや感想!4月12日掲載

 

2021年4月12日発売の週刊少年ジャンプにて、【Dr. STONE】の最新話である192話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【Dr. STONE】最新話192話ネタバレや感想!4月12日掲載

石化装置を発動させたことにより、北米より発生した石化光線が地球全体を覆っていきます!

千空は、人類を滅ぼすことになろうとも、最後には全員を救って自分たちが勝つのだと生き残った仲間たちに言い聞かせました。

 

そのためには、宝島の時のように千空の寸分違わぬカウントで、石化光線が届くタイミングぴったりに復活液を放り投げる必要があります。

ただし石化光線は規模に比例して速さもすさまじいものとなるため、一か八かの運勝負とならざるを得ません。

 

千空の運にかけるというのに不安を感じるゲン。

するとクロムが恐ろしいほど地道ではありながらも、いつか必ず復活液をかけられる科学のカラクリを思いつきます。

しかしそれを言う前に、千空が復活液の瓶ごと撃たれてしまいました!

 

次いで石化光線が南米にもやってきました。

人質となっている科学王国チームの面々も事態が掴めず戸惑うばかりですが、フランソワはこれを暴発ではなく、石化復活を狙った大逆転の一手だと確信し…。

 

そこに羽京の矢が放たれ、フランソワを縛る縄が解かれました。

フランソワはすぐさまその矢を掴み、他の人質の縄を切って解放!

銀狼・松風が見張りの男を倒し、スイカが没収された荷物へと向かっていきました。

 

元々スイカとフランソワは石化作戦の復活役として出発したため、荷物には復活液が入っているのです。

 

しかしそこにゼノが駆けつけており、傍らにはスタンリーの姿が…!

スタンリーは容赦なく銃弾の雨を降らせました。

人質たちを全滅させ、奪った復活液をゼノが計算した通りの秒数で投げ上げる算段ですが…。

 

ところが復活液は荷物に見当たりません。

そして「スイカ」の中身が空っぽであるのに気がつきました!

スイカ本人が復活液の瓶すべてを持って逃げていたのです!

 

慌てて追撃するスタンリーにより、復活液の瓶の多くは割れてしまいました。

ところがそのうち1つだけがクロムの手元に届き、メデューサタワーに登っていたゲンに投げて寄越されます。

そしてゲンはそれを、メデューサタワーの音の受け皿に乗せました。

 

科学王国チームの狙いは、何日後か何ヶ月後かいつになるかわからない未来に、なんらかの自然の音の衝撃で復活液の瓶が割れて空から降り注ぐこと!

復活液を奪い取ろうとするゼノをクロム・ゲン・カセキが抑え込みます。

 

そしてもう一歩も動けない千空は唯一動けるスイカに、タワーの真下へ行くように指示しました。

スイカは涙ながらに飛び出して、メデューサタワーの真下で手を挙げ…ついに石化光線が届いてしまった中で、千空はゼノにいつか会う日までと別れを告げるのでした。

<感想>

何度も絶望的な状況に追い込まれつつも、けっして諦めずに復活の糸口を掴んだ千空たち!

ようやくゼノやスタンリーたちを出し抜くことに成功しましたね。

千空たちが次に目覚めるのは一体どれほど先なのでしょうか…そして全員無事に復活を遂げることはできるのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事