【Dr. STONE】最新話182話ネタバレや感想!1月25日掲載

 

石化装置が、レーダーの電波を吸収していることに気づいた千空たち。

それを利用し、21世紀の科学を超越したステルス艦を完成させます。

ジョエルと連動して千空たちは何を発見するのでしょうか?

 

2020年1月25日発売の週刊少年ジャンプにて、【Dr. STONE】の最新話である182話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【Dr. STONE】最新話182話ネタバレや感想!1月25日掲載

出航したステルス艦の外壁を石化装置で覆う作業と平行しつつ、千空とゼノは石化装置の分解と研究をスタート!

ジョエルのレポートがあるからこそ、細かい部品の解析は順調に進んでいきます。

 

2人で顕微鏡を使い1000個調べた結果、石化装置の動力源となるダイヤの黒ずみ方に規則性は発見できませんでした。

すると丁寧に並べられたダイヤの粒を見て、クロムはそのうちの1つに黒ずみがまったく見られないことを発見します

それならまだ電池が新品状態の石化装置があるかもしれず…!

 

コハクが脅威の視力を生かし、大量の石化装置の中から綺麗なダイヤが刺さったままの1つを発見

試しに発動させようとしてみるもまったく反応せず、不発弾のようなものだと推測されます。

 

ゼノは綺麗なダイヤをよく観察し、それには小さくヒビが入っていることを発見しました。

敵に塩を送る形になりますが、ゼノには政治のために研究をおろそかにしてはならないという思いと、自分が言わなくとも千空もそのくらいは気づくはずだという信頼があるのです。

 

綺麗なダイヤと黒ずんだダイヤを比較していった結果、形が100%同じで傷一つついていない新品のダイヤに差し替えれば、石化装置を完全復活させることが可能だという仮説ができあがります!

 

それを証明するため、ダイヤモンドを作り出してジョエルの技術で石化装置に埋め込んでもらうことに!

ニッキーたちと通信をし、千空は彼らにダイヤモンドを作るよう指示します。

 

科学の専門家がいないメンバーでできるのかと戸惑いますが…

科学とは専門家だけのものでなく、どんな人物だろうが必ず同じ結果が出せるものなのだと言い、仲間を鼓舞する千空でした。

 

アルコールとタングステンのフィラメントを使い、何度も失敗しながらダイヤモンド作りに明け暮れるニッキーたち。

その結果ついに、ごく微小ながらもダイヤモンドを完成させるのでした!

<感想>

いつもは千空やゼノの科学力に圧倒されてばかりですが、今回は素人だって科学のセオリーさえ理解していれば、同じくらいの偉業を成し遂げられるのだと勇気を与えてもらえる回でしたね!

いよいよ新品の動力源を手に入れて、科学王国チームはアメリカチームに一歩リードできるのでしょうか?

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事