【days】最新話312話ネタバレ!3年分の想いを乗せて

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月18日発売の週刊少年マガジンにて、daysの最新話である312話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【days】最新話312話ネタバレ!3年分の想いを乗せて

「店を畳もうと思う」という父親の言葉に「判断がおせえよ」と返す君下。

 

『宝くじを買ってる』『サッカーはいくらでも続けられる』『へそくりも10万ある』

など、父親は早口で喋りながら、「進学しても問題ない」ことを君下に伝えます。

 

それをご飯を食べながら無言で見つめる君下。

 

回想シーンは終わり、

「後悔はしねぇ」
「ここまで成長させてもらえたのはあの人が親父だったからだ」

と君下はなんとかボールを残すことに成功します。

 

そして君下は、中央の大柴にパス。

如月の体勢を崩しながら、大柴は潰れ役につとめ、さらに水樹にパスを出します。

 

ボールをもらった水樹は、

トラップ→二人のディフェンスの真ん中を突破→犬童をルーレットでかわし、

GKの前に進むことができました。

 

それを見ながら真中は『水樹がサッカーを始めた頃』のことを思い出し回想シーンに入ります。

 

うまく蹴れず、遅くまで練習する水樹。

それでもニヤニヤして楽しそうに練習しています。

帰るという真中に、「面白いな、サッカー」と水樹がいい、回想は終わります。

 

その回想シーンの後、真中は『夢のようだ』と試合を観戦します。

 

そして、そんな中、水樹がシュートを放つところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事