【錬金ブライカン】最新話22話ネタバレや感想!

 

2020年11月16日発売のヤングマガジンにて、【錬金ブライカン】の最新話である22話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

錬金ブライカン】最新話22話ネタバレや感想!

トラックを奪い取り、錬金無頼漢を生み出す工房を破壊するために動いていました。

紅は運転している男性に何でこのアルバイトしているのかと聞くと、男性は娘を食わせるためにこんな仕事をしていたがこの仕事に手を染めた事でそのツケが回って来たんだなと呟いたのです。

 

マリアは窓を作るように紅に言うと、紅は作ると別の車が並走しているから構えるように言いました。

その車はトラックにぶつかってきて、それと同時に闇医者の松井から連絡が来て、紅が逃がした組員が夜空組組員であり、拷問でトラックナンバーを吐いたのだと伝えたのです。

 

その事を知った紅は表情を曇らせながら逃がすべきでは無かったのではないかと呟くと、松井は今から正解すればいいんだと言いつつ、マリアには命を落としては駄目だと言いました。

 

紅は男性に自分には父はいないけど生きているなら会ってみたいと言いつつ、皆に対して自分が道を作るから氷崎達は敵が手を出したら応戦して、男性はただ走ってと言って天井に穴を開けたのです。

 

氷崎が外へと飛び出すと敵のハサミによる攻撃で腕を斬られてしまい、すぐさま再生させようとするも再生できなかったのです。

氷崎の腕を斬った相手は夜空組の凪であり、彼は錬金無頼漢に特化した錬金無頼漢であり、彼は錬金無頼漢の力の根源を破壊する力を持っていました。

 

夜空に対して強い忠誠心を持っている凪は夜空に殺意を向けられている氷崎に殺意を向けており、全員自分が始末すると言い放つのでした。

感想

錬金無頼漢自身を破壊する力を持っている錬金無頼漢とか、非常に厄介な相手だなと思いました。

きっと氷崎達みたいに緋火組を裏切ったり、力が暴走したりする者を始末するために作られたのではないでしょうか。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事