【転スラ】漫画最新話82話ネタバレや感想!原初の赤と原初の黒

 

2020年3月26日発売の月刊少年シリウスにて、【転生したらスライムだった件】の漫画最新話である82話が掲載されました。

そのネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【転スラ】漫画最新話82話ネタバレや感想!原初の赤と原初の黒

ギィ・クリムゾンの過去が語られるシーンから始まります。

ギィは、原初の悪魔にして最初の魔王。

原初の悪魔とは、闇の大精霊より派生した7柱の悪魔族のことを言います。

 

生まれたばかりの「色」のない下位悪魔は時を経て、七色のいずれかに染まっていくようです。

ギィは「原初の赤」であり、過去に召喚された際、敵国と召喚士の国のどちらも滅ぼしました。

それが、最初の魔王の誕生であり、数万年前のできごとであるようです。

 

「魔王に対する侮辱だ」と、クレイマンは周りの魔王達を味方に引き入れようとするも、誰もクレイマンの話を聞くことはありません。

そうしている間に、中央の机がなくなり、リムルとクレイマンの決闘場所が完成。

 

焦るかと思いきや、クレイマンは冷静になり、ミリムにリムルを殺すように指示します。

するとミリムは躊躇なくリムルを攻撃しました。

 

ミリム自身の意思で動いているからと、ギィはミリムを止めることはありません。

リムルは不味いと感じつつも、ミリムと対峙。

 

ミリムの口元が笑ったことに気づくも、力ずくで洗脳を解くことを宣言します。

リムルはシオンに目配せすると、その瞬間、シオンはクレイマンを素手でボコボコに。

ボコボコにしてから「よろしいのですか?」と、シオンはリムルに許可を貰うのでした。

 

ぼろぼろで尻餅をつくクレイマンですが、超速再生で大きなダメージにはなっていないようです。

するとクレイマンは、九頭獣という大きな狐のようなモンスターと、人間と同サイズほどの人形を呼び出しました。

 

九頭獣はランガが、クレイマンはシオンが担当することに。

その隙にリムルはミリムを助けようとします。

 

ラファエルに解析を頼みつつ、リムルはミリムの攻撃を流し、時間を稼ぐことに。

その状況に焦るラミリス。

ラミリスは自分も参戦すると言うものの、二人の戦いだからと、ギィに止められてしまいます。

 

ただをこねるラミリスに呆れつつ、ギィはラミリスの従者としてついてきたベレッタに対し、「誰に忠誠を誓っているのか」と訊きます。

 

召喚者はリムルであるものの、今はラミリスに仕えている状況で、二君に仕える者は魔王の従者とは言えないとのこと。

その言葉通り、ベレッタは召喚された際、100年後ラミリスを守護する役目を終えた後は、リムルに仕えたいと話していました。

 

再度ギィに問われた際、ベレッタは命続く限りラミリスに忠誠を捧げると誓います。

なので、一度だけリムルの役に立ちたいと話します。

リムルを助けることはラミリスの願いでもある、という理由を聞き、ギィもそれを承諾。

 

ベレッタやトレイニー、リムルのことを「仲間」というラミリスの言葉に、ギィは少し驚きつつ、ベレッタに「二言はないな」と再確認します。

ベレッタは肯定したあと、リムルには自分よりも強い悪魔族がいること、ラミリスのことが、共に過ごす日々が大好きであることを伝えて、ギィに感謝の言葉を言います。

 

本来、悪魔族は強い主を望み、自身の強さによって主に認められたいと願いもの。

ですが、ベレッタは別のものを重要視しているのではないかと、ギィは考えます。

ギィには、それと似た考えの人物に心当たりがあるようです。

 

「ワレよりも強き悪魔族」というベレッタの言葉に、何かを考え込むギィ。

ベレッタが加勢に加わる前に、ギィはベレッタに対し「何色なのか」を尋ねます。

数の少ない系統という言葉で、何色であるのか気づいたギィは「道理で判断基準が狂ってるわけだ」と呆れたように言うのでした。

 

ベレッタは結界の中に入り、クレイマンの人形の相手をすることを言います。

その戦いを見ながら、ギィは「お前も動くのか…原初の黒(ノワール)」と小さく呟くのでした。

 

その頃、当のディアブロはシオンがぐちゃぐちゃにしたファルムスの捕虜と一緒に馬車に乗っていました。

回復魔法が効かないほどぐちゃぐちゃになっていることに呆れつつ、ディアブロは荒療治で捕虜達を治していきます。

 

あっという間に元に戻ったラーゼンと大司教。

原初の黒も恐ろしいものの、その悪魔が仕える存在がいることに、ラーゼンの心は完全に屈服していました。

 

するとラーゼンはディアブロに対し、エドマリス王に慈悲を与える代わりに、下僕の末席に加えて欲しいと頼みます。

ディアブロはそれを承諾。

エドマリス王は、ラーゼンの判断が正しいと考え、自身も協力することを約束するのでした。

 

そしてその瞬間、ディアブロのユニークスキル「誘惑者(オトスモノ)」が発動。

その能力により、3人は心身ともにディアブロに隷属することになるのでした。

感想

とうとう始まったリムルとクレイマンの戦い!

クレイマンは想像以上に弱かったですね。

シオンも今や相当強いでしょうが、真っ向から戦うとここまで一方的になるとは。

 

気になるのはミリムですよね。

口元が笑っていたり、ミリム自身の意思で動いているからとギィが止めないでいるところを見るに、洗脳にかかったふりをしている可能性が高くなってきました。

 

だとすると、ミリムの目的は本気のリムルと戦ってみたい、でしょうか。

本当にミリムがクレイマンに操られているのであれば、ギィが黙っていません。

そのギィが呆れたようにしているのを見ると、洗脳はかかっていなさそうです。

 

そしてもう一つ、ギィとディアブロが同じ原初の悪魔であることも判明しましたね。

二人は同格の存在なのでしょうか?

 

数万年前に召喚されているだけあって、単純な強さだけならギィが上でしょうが、ディアブロも底が知れません。

二人の関係性についても気になるところです!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事