【贄姫と獣の王】最新話82話ネタバレや感想!2020年4月20日掲載分

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

生贄の少女・サリフィは魔族の王・レオの出生の秘密と本来の優しさを知り、その妃となる決意をします。

突然、民の前で人間の姿になってしまったレオは一時サリフィと身を隠しますが、復活を決意します。

ヨルムンガンドやアミトとも合流し、レオのルーツを知る為に王宮へ乗り込みます。

 

81話 一覧 83話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【贄姫と獣の王】最新話82話ネタバレや感想!2020年4月20日掲載分

サリフィ達を呼び止めたのは、口を縫い止められ何本もの鎖で繋がれた、黒い獣で怪我をしている様子です。

ラントは近寄るな、と言いますがサリフィは、ひと、だと言います。

 

ベンヌに怪我の治療を頼みますが、もう生きていないので出来ない、との事です。

獣は、サリフィが王の魔力を持っていると語りかけ、レオからもらった指輪が光るのを見て、サリフィが王に選ばれた方だと言います。

 

その様子を見て、ラントは、何を一人で喋ってる?と聞いてきます。

その獣は口がきけないのでサリフィに直接話しかけていたのです。

 

彼の正体は元神官長で、王に次ぐ地位にあるも先代王の時代に行方不明になっていたのです。

レオの出生の秘密を知る彼は、死しても魔術で記憶を読まれぬように生ける屍として秘密を守ってきたのだと言います。

 

でも、セトに嗅ぎつけられて責められていたのです。

彼は、その秘密をサリフィに託すと言います。

 

レオはヨルムンガンドと共に襲い来る兵達と戦っていますが、人間の体では苦戦しています。

それでも、セトの暴走を止めるのは自分の役目だと進もうとするレオの前に、セトが表れます。

 

獣は、サリフィに過去を語っています。

先代王の王妃が世継ぎを産まぬまま亡くなった為にその死を隠して王の弟を探す事になりました。

 

双子として産まれた為に王宮を追われた弟がいたのです。

その消息を追い、密かに人間の国に逃れて子供を成していた事を突き止めます。

それがレオで、王弟は既に亡くなっていたために目も開かぬ子を母親から引き離して国へ戻り、王妃が命と引き換えに産んだ子と公表したのです。

 

でも、先代王は世継ぎが人間の子だという事実を受け入れられずに心を病んで亡くなったと言います。

そんな秘密を守っていてくれた獣に礼を言い、抱きしめるサリフィです。

 

目の前に表れたセトとアヌビスによって結界の中に入れられて動きが取れないレオとヨルムンガンドは処刑を言い渡されて苦しみ出します。
サリフィとラントは、獣から託された真実を告げるべく、レオの元へと走るのでした。

感想

ようやく、レオの出生が明らかになりましたね。

王弟と人間の娘とのロマンスも、後で出てくるのかな?

セトの側にいるアヌビスも、何考えているのかまだわからないし。

次回が待ち遠しいです。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事