【贄姫と獣の王】最新話72話ネタバレや感想!

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月20日発売の花とゆめにて、贄姫と獣の王の最新話である72話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

71話 一覧 73話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

贄姫と獣の王】最新話72話ネタバレや感想!

生贄の少女・サリフィは魔族の王・レオの出生の秘密と本来の優しさを知り、その妃となりました。

人間界への秘密の使者となったサリフィですが、怪しまれて捕らえられ、信用を得るためにとある女性を訪ねます。

 

魔族文字を研究してるというその女性は、レオが人型になった時の姿にそっくりでした。

村の連中かと思い襲いかかってきた女性は、ベンヌに取り押さえられ、魔物を従えたサリフィは村人ではなさそうだとは悟ります。

 

魔族の国から使者として来ていて、願い事がある、と話すも女性の態度はそっけないもの。

 

「冗談でも魔族なんかと関わり合いになる気はないの、あんたに話すことは何もないし、あんたの話しも聞きたくないわ、消えて、次は本当に殺すわ」

 

と睨みつけて家へこもってしまいます。

話しを聞いてもらえるまで近くで野宿をすることにしたサリフィは、翌朝からその女性に付きまとい始めます。

 

おはようの挨拶をし、水汲みを手伝おうとして桶をひっくり返されてもめげずに、話しを聞いてもらおうと付きまとい続けます。

 

そうして、その女性が少し離れたところでエーデルワイスの花を育てていることを知ります。

ある日、エーデルワイスの花が心配になり畑へ駆けつけると、2人の男達が花を踏みつけ、荒らしています。

 

「ここは魔女の庭だ、ここで魔女が俺たちシダイ村の人々を殺すための毒を作ってやがるんだ!」
「そんな…エーデルワイスの花には毒なんてないよ!」
「いいや、そんなはずはない、さもなくば何か妙な呪術でこの花を毒草に変えているんだ、あの魔女ならそれくらいは朝飯前さ‼︎」

 

そんなやり取りを見ていた女性の脳裏には、まだ幼い頃に魔女と罵られ、村から追い出された時の思い出が蘇ります。

 

「あれは呪われた血を持つ女、恐ろしい魔女なんだ‼︎」

 

と花を踏みつけようとする男を、サリフィは体を張って止めます。

 

「そんなことできる人間はいません!」

と言うサリフィ。

「さてはあの女の仲間か⁉︎」

と乱暴されそうになったところにベンヌ飛び出し、ますます魔女の手先かと熱くなる男達。

 

そこへ、鎌を持った女性が男達に斬りつけてサリフィを助けます。

「そう、ここは魔女の庭よ、足をふみいれるなら命を捨てる覚悟で来なさい」

と脅して男達を追い払います。

畑の害虫を駆除しただけ、と素っ気ないながらもなぜベンヌをけしかけなかったのかと聞く女性に、炎で花が燃えないためだと答えるサリフィ。

 

「エーデルワイスの花言葉は、大切な思い出って言うでしょう?だから、この花はあなたにとって大切な気持ちを思い出させるものなんじゃないかなって」

 

そう言われて、女性の表情が緩みます。

聞くだけなら、と態度を軟化させた女性にサリフィが尋ねたのは、彼女の名前でした。

そして、アナスタシア、と答えるところで終わってます。

感想

ホントにレオにそっくりな女性が何者なのか?
まだはっきりとはわからずにモヤモヤしますが、それは先のお楽しみ。

ただ、素直に花を守るサリフィはやっぱりすごいなぁ。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事