【炎炎ノ消防隊】最新話253話ネタバレや感想!2月3日掲載

 

2021年2月3日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【炎炎ノ消防隊】の253話のネタバレと感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【炎炎ノ消防隊】最新話253話ネタバレや感想!2月3日掲載

大災害が引き起こされたことにより大規模火災が巻き起こり、消防隊員は水平線が燃え上がる様をただ見つめるしかありません。

今の状況を、まるで聖典にある通りだと人々はなぞらえ、神罰が下った今世界はもう終わりだとパニックになっています。

 

フォイエンは市民を安全な場所に避難させようとしますが、もうこの星に安全な場所などどこにもなく…。

 

焔ビトたちの鎮魂はひとまず終えた第8特殊消防隊。

しかしカロンの信念を超えることはできなかったという絶望感に打ちひしがれ…

ユウを探して飛び出してきたヴァルカンがリヒトと合流しますが、リヒトは正面からは誰も出てきていないと言いました。

 

アローは、これこそ自分たちが目指した結末なのだと言います。

イメージと現実が一つになって、星の半分が燃えさかっている。

 

八柱がそれぞれ象徴する、狂気・受動・無関心・激怒・破滅・恐怖・嫌悪・絶望。

これらは、ハウメアが自身の能力によって今まで聞いてきた、人類の集団的無意識です。

 

この世にある希望というのは、楽観とも言える諦めでしかなく、真の希望は存在しないのだと。

ハウメアは密かに一粒の涙をこぼしながら伝えました。

 

すべてのものは、誕生したその時から滅びに向かっていき、想像はあらゆる可能性を生んでは消していく。

人も星も向かう先は滅亡なのだとして、「終わり」に向けてこの星の運命を進めていきます。

 

避難誘導をする消防隊員の中にも、世界の終末に直面して絶望している者がいました。

するとその人物のドッペルゲンガーが発生し、元の人物に抱きついて燃やし尽くしてしまい…!

<感想>

大災害も人々の絶望も止まることなく、救いのない展開に読者も絶望しそうになってしまいます。

このまま本当に世界は終末の時を迎えてしまうのでしょうか?

それとも、まだ姿を見せていない誰かが希望となり、絶望にまみれた世界を照らしてくれるのでしょうか?

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事