【炎炎ノ消防隊】最新話224話ネタバレや感想!新門火鉢のドッペルゲンガー

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから↓

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年6月24日発売の週刊少年マガジンにて、炎炎ノ消防隊の最新話である224話が掲載されました。

その内容や感想まとめていきます!

223話ネタバレや感想はこちら!

【炎炎ノ消防隊】最新話224話ネタバレや感想!新門火鉢のドッペルゲンガー

対峙

紅丸が鬼と対峙するシーンから始まります。

紅丸が「やっぱ先代だな」とつぶやくと、鬼は「クソガキがでかくなったな」「いんやまだ小せぇまんまだ」などと話します。

記憶と意識はしっかりしているようです。

とはいえ、敵意はむき出しで、一触即発の状態。

 

紅丸がなんで戻ってきたのかを尋ねると、「破壊」と何回も繰り返したのち、「東京皇国の破壊」と答えます。

そしてその瞬間、『居合手刀壱ノ型 火月』をお互いに繰り出す二人。

二人の手刀がぶつかり合い、空に大きな衝撃が起こります。

ドッペルゲンガー

それを見ていた第1の二人、火華、紺炉が合流。

あの鬼が第7の先代棟梁である新門火鉢のドッペルゲンガーであることを話します。

紅丸や紺炉たちのとって師匠とも呼べるような存在です。

 

二人の戦いはどんどんヒートアップしていき、火鉢の強烈な攻撃が紅丸を襲います。

その攻撃に紅丸は難なく対処するも、遠く離れた陸地に被害が出てしまいます。

 

「なにやってんだ!」と叫ぶ紅丸ですが、「喚きにここに来たのか!」と火鉢はその手を休めることはありません。

続けて四ノ型を繰り出そうとする火鉢。

それはやばいと思ったのか、紅丸は急接近して何とか技の発動を止めます。

日輪

「拾ってきたときのまんまだ…」などと感想を述べる火鉢。

紅丸は火鉢の胴に直接火をぶつけるも、全く聞いている様子はありません。

「背ぇ伸ばしただけで何も変わっちゃいねぇ!」と余裕な火鉢。

 

  • 紺炉も苦労が耐えないだろう
  • そのざまじゃあまともな日輪も撃てやしないだろう
  • だから地獄から戻ってきてしまった

 

などと話します。

そんな火鉢に、紅丸は「先代のドッペルゲンガーなんだな!」と確認。

そして火鉢が「お前も本物とかどうでもいいと思ってんだろ!この火鉢!忘れかけた本物の『日輪』を見せに来てやったのよ!」と言うところで終わります。

感想

やはり強かったですね!

負けているわけではないですが、紅丸の攻撃は全く効いていないようです。

しかも切り札である『日輪』も隠したまま。

ドッペルゲンガーではあるものの、実力は先代そのものなのでしょう。

 

次、日輪を発動した際、紅丸がやりすごすことができるか。

一度はボロボロにされてしまいそうですが、最後の最後には完璧な日輪を使って買ってくれるはずです!

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事