【灼熱のニライカナイ】最新話23話ネタバレや感想!12月14日掲載

 

2020年12月14日発売の週刊少年ジャンプにて、【灼熱のニライカナイ】の最新話である23話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

【灼熱のニライカナイ】最新話23話ネタバレや感想!12月14日掲載

奥菜由香理の失踪から一週間が経ちました。

鮫島は由香理の親友・葉村と、一緒にランニングをしながら話を聞くという形で独自の捜査を行っています。

マリンセンターは教官が逮捕されてイルカもほとんどいなくなり、休館となって生徒も葉村以外全員本土に帰ったとのこと。

 

しかし葉村だけは、由香理を連れ戻すまで帰らないと言うのです。

そんな鮫島は、海洋機動捜査隊の出迎えに駆り出されました。

 

同僚たちも幻の7課が見られるということで興味津々。

宇海は姉ヶ島を好きになってもらおうという気持ちで臨んでいますが、コンビニもない島に魅力を感じてもらえるわけがないと、笑い飛ばされてしまいます。

 

ところが、船も上陸間近という時にシージャックに遭ってしまいます!

刃物を持った複数の男に占拠されたとのことで…。

緊張が走りますが、オルフェウスだけは何の問題もないと冷静です。

 

その言葉通り、船内ではならず者たちが一方的に撃退されていました。

しかし彼らは海人(マーマン)のようで…海洋機動捜査隊の一人が背後から狙われてしまいますが、神宮寺がそれをあっけなく倒してしまいました。

どうやらマーマンは、最初から海洋機動捜査隊を狙っていたようです。

 

上陸する船は大漁旗を掲げ、マーマンたちを網に捕らえていました。

神宮寺を含め、合計6人の海洋機動捜査隊の登場です!

 

その光景を、神室と一緒にいた女性・沖浦が双眼鏡で監視していました。

パソコンの通話ソフトで神室にそれを報告しますが、神室は神宮寺を警戒し、それ以上目線を送らないように指示。

 

そして面白くなってきたと嬉しそうにしています。

丁度その時、買い物を終えて店から出る葉村は、沖浦を目撃してしまい…!

<感想>

前回、ユルい感じで登場していた海洋機動捜査隊ですが、その実力は確かな様子。

特に小柄な少女にしか見えない神宮寺がかなりの強キャラなようで、彼女のバトルシーンに期待です!

オルフェウスとの関係も、一体過去に何があったのか気になりますね。

 

おすすめの記事