【東京卍リベンジャーズ】最新話175話ネタバレ!イザナを説得する鶴蝶

 

 

イザナに一方的にやられていたかと思えたマイキーでしたが、とうとう反撃にでます。

マイキーの強さに余裕がなくなってくるイザナ。

するとイザナはキサキの持っていた銃を奪い、マイキーに銃口を向けるのでした。

 

しゃちょー
そんな危ないもん使ったらアカン!

 

2020年9月23日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【東京卍リベンジャーズ】175話の内容をまとめていきます!

 

←174話 一覧 176話→

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【東京卍リベンジャーズ】最新話175話ネタバレ!イザナを説得する鶴蝶

イザナを止める人物

マイキーに銃をつきつけるイザナ。

タケミチが止めようと大声をあげるも、その腕を下ろすことはありません。

マイキーは臆することなく「撃て」と煽ります。

 

周りはそんなマイキーを止めようとするも、マイキーの煽りは止まりません。

息を荒げてどんどん余裕のなくなるイザナ。

 

するとイザナの前にある人物がでてきて、腕を叩いて銃を落とします。

銃はキサキの足元へ。

イザナの腕を叩いたのは、鶴蝶でした。

 

イザナを含め、周りのみんなが驚きます。

鶴蝶は「俺らの負けだ」と言い、イザナを止めようとします。

誰よりも忠誠心の強いあの鶴蝶がイザナに逆らったことに驚く一同。

キサキも無言で唇を噛みます。

二人の出会い

幼い頃、両親の墓を作っている最中、鶴蝶はイザナに出会います。

鶴蝶は自分に話しかけるといじめられるから、とイザナに話しかけないように言うも、イザナは墓を蹴飛ばし、「お前に生きる価値をやる」と胸ぐらを掴みます。

 

イザナの下僕として生きる。

死のうと思っていた鶴蝶に、イザナは生きる理由をくれたのでした。

天竺の負け

鶴蝶は誰よりもイザナを想っており、イザナのやることであればどんなことでも従い、死ねることを伝えます。

イザナを止めたのは、『これ以上イザナの情けない姿を見たくなかったから』でした。

 

自分の想いを必死に伝える鶴蝶ですが、イザナは言葉を交わすことなく、幹部に鶴蝶を殺すよう指示を出します。

幹部たちはどうすればいいのかわからず、動くことができません。

 

なおも必死に止めようとする鶴蝶ですが、その言葉がイザナに届くことはありません。

「天竺の負けだ」と言うも、聞く耳を持たないイザナ。

 

するとその場に大きな銃声が鳴り響き、大量の血がイザナの顔にかかります。

鶴蝶が後ろから銃撃されたようです。

それを撃ったのは、あのキサキでした。

そしてキサキが「邪魔なんだよ、おめぇは」と言うところで終わります。

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事