【東京卍リベンジャーズ】最新話173話ネタバレ!マイキーの想い

 

イザナと真一郎との出会いが描かれました。

兄弟として順調に信頼関係を築いていたものの、真一郎にもう一人の弟がいることがわかり、その関係は壊れてしまいます。

文字通り、灰のようになってしまったイザナの元へキサキが勧誘に来ることで、天竺は作られたのでした。

 

しゃちょー
イザナの変わり様やばいな

 

2020年9月9日発売の週刊少年マガジンにて【東京卍リベンジャーズ】の最新話である173話が掲載されました。

 

←172話 一覧 174話→

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【東京卍リベンジャーズ】最新話173話ネタバレ!マイキーの想い

孤独

過去に真一郎がマイキーに「兄がもう一人いたらどう思うか」を尋ねるところから始まります。

マイキーが悩んでいるシーンでいったん、現在に戻ります。

 

イザナの右こぶしが顔面にクリーンヒットし吹き飛ぶマイキー。

それを見ながら東卍のみんなが驚き、タケミチはマイキーが手を抜いているのではと思います。

ですが、ドラケン曰く「マイキーは全力」とのこと。

 

マイキーを危なげなく圧倒するほど、イザナが強いだけのようです。

それを見て、天竺のメンバーもイザナの強さに驚きテンションがあがります。

すると一人が、孤独がイザナの強さであることを話し始めます。

 

12歳のころ、イザナは襲われて重傷を負います。

イザナは回復すると、一人一人にお礼参りをし、その全員が再起不能に。

最後にリーダーに対し、「生きてる限り家族や仲間、関わる人間全員を再起不能にする」といい、追いつめられたリーダーは自殺してしまいました。

 

その話を聞いて、同じ仲間である天竺のメンバーですらぞっとした気分になります。

どんな人間だって喧嘩で人を殺したいとは思わないものの、イザナのそれは「人を殺す拳」のようです。

マイキーの想い

ボコボコにされ吹き飛ばされてしまうマイキー。

イザナはさらに挑発するも、マイキーは冷静に立ち上がり鋭い蹴りをかまします。

そして、何にも興味を示さないイザナに対し、イザナのために戦った仲間にも興味はないのかを尋ねます。

 

「おれが怖ぇーから戦ったんだ」と答えるイザナ。

東卍は信頼や友情と言ったものでつながっていますが、天竺にあるのは「恐怖」と「利害」のみとのこと。

 

そんなやり取りをしながら殴り蹴りを繰り返す二人。

するとタケミチはイザナの動きが少しずつ悪くなってきていることに気づきます。

どうやらあのマイキーの蹴りを何度も腕で受けていたため、ぼろぼろになってきているようです。

 

「お前はどこまで自分を孤独だと決めつける?」と訊くマイキー。

イザナは蹴りをくりだしながら、「お前も孤独だろうが」と答えます。

 

するとマイキーはその蹴りを受け止め、イザナの言葉を否定し、目前で

 

「お前にはまだ弟がいて、俺には兄がいる」

 

と言います。

 

そしてマイキーは過去に真一郎との会話を思い出します。

兄がもう一人いたら、という質問に、マイキーは「もっと好きになる」と答えていたのでした。

 

そしてマイキーがイザナに対し、「兄貴(イザナ)。俺はお前を救いたいんだ」と話すところで終わります。

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事