【戦隊大失格】最新話2話ネタバレや感想!2月10日掲載

 

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンにて、【戦隊大失格】の2話が掲載されました。

その内容のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【戦隊大失格】最新話2話ネタバレや感想!2月10日掲載

ヒーロー・ドラゴンキーパーを倒すため、人間を装い入隊試験に潜入した戦闘員D。

本部にやってきたにも関わらず、肝心のドラゴンキーパーはそこにおらず…。

 

途方に暮れていると、彼を錫切とともに勧誘した真面目そうな男・桜間日々輝が声をかけてきました!

そして桜間・錫切と3人でランチへ行くことに。

食事をしながら錫切は、ドラゴンキーパーが本部にはいないこと、市内に点在する駐屯地をそれぞれが拠点にしていることを説明しました。

 

イエローだけは本部所属ですが、日曜決戦以外で姿は見せないらしく…。

アテが外れた戦闘員Dは、怪人との戦いが見せかけのショーであることを知らない様子で大戦隊を誇りに思う桜間や、浮遊城では見たこともないようなステーキランチに対し、内心で卑屈全開になるのでした。

 

食事を終えると、桜間は訓練、錫切はレッドキーパーへ手紙を渡しに行くのだと言います。

憎きヒーローに近づくチャンス!

戦闘員Dは桜間に擬態し、錫切と合流してレッド部隊駐屯地へ向かいました。

 

レッド部隊駐屯地に潜入したはいいものの、レッドの仮面の中身を知らない戦闘員Dは誰がレッドキーパーかわかりません。

おまけに桜間と知り合いらしい朱鷺田という男に絡まれて、戦闘員Dはボロを出しまくってしまい…。

それでも錫切の取りなしに助けられ、どうにか切り抜けるのでした!

 

結局何もできないまま撤退してしまうことに、これでは今までの負け犬と変わらないと焦る戦闘員D。

どうにかしてレッドキーパーと接触しようと考えますが…

廊下の壁にレッドキーパーの中身・赤刎創星のポスターを発見!

それと同時に、その張本人とすれ違います…!

 

思わず声をかけてしまう戦闘員Dですが、レッドキーパーは爽やかに返事をします。

しかし不意打ちでの邂逅に、戦闘員Dは思うように動けず、用意してきたナイフを取り出すことすらできません。

結局は前回の日曜決戦の戦いぶりを称えるだけで終わってしまいました。

 

己の腰抜けぶりに落ち込む戦闘員D。

錫切は「桜間」の暴走に呆れつつ、ナイフを渡すように言います。

素直に手渡しつつ、戦闘員Dはなぜ錫切がこれを知っているのかと不思議に思い…。

 

その瞬間、錫切はナイフで「桜間」の首を刎ねます!

頭部がすぐに再生する戦闘員Dですが、錫切はいつの間にかその正体に気づいていたようです。

戦闘員Dから何者かと問われても、彼の敵だと答えるだけの錫切。

しかし、手を組んで一緒に大戦隊を潰そうと持ちかけてきて…!

<感想>

ただ者ではない様子の錫切。

彼女の正体は、そして思惑とは一体何なのでしょうか?

大戦隊に所属しながらも戦闘員Dに協力を持ちかけること、戦闘員Dにとっての敵だと言ったことから、ヒーロー側でも怪人側でもない第三勢力かと考えられますが、真実はいかに…!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事