【恋か魔法かわからない!】最新話19話ネタバレや感想!4月28日掲載

 

2021年4月28日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【恋か魔法かわからない!】の19話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【恋か魔法かわからない!】最新話19話ネタバレや感想!4月28日掲載

魅斗たちは1週間の修業を終えてヘトヘト。

しかしおかげでチャームの発動と停止はある程度コントロールできるようになったと言います。

試験に合格するために作戦も立てたようで、萌香の魔法で試験会場にワープしました!

 

ワープ先は学校のようですが、周りは山になっています。

ここは魔法実戦の練習用に作られた学校で、チャームを使っても無関係な人を巻き込まずに済みます。

 

そして聖が姿を見せますが、その隣には舞の姿が!

独断専行が目に余る聖に対し、レーゲンボーゲンの一人として、中立の立場として試験監督を行うと言う舞。

例え魅斗との関係を怪しまれたとしても、聖の企みを阻止するつもりなのです。

 

魅斗は自分のために心配してきてくれた舞のためにも、試験に合格しようという意気込みを新たにしますが…気付かぬうちに双子が身体にまとわりついていました!

彼女たちが今回の試験で対戦相手となる「梟級」の鏡川安珠・守珠です。

 

彼女たちはずいぶんと幼く見えますが、星愛楽と愛音の胸を揉み、胸の大きさは負けるけど魔法では負けないと宣言!

そして花粉症に苦しんでいる様子のもう一人の対戦相手・土上恭哉も登場しました。

 

個性的な面々ですが、魅斗は他の生徒からチャームを使うという理由で避けられていたのに対し、彼らは自分にまったく動じていない様子なことに内心驚きます。

 

今回の対戦ルールは、アタッカー1人とディフェンダー2人構成のバトル。

アタッカーは敵全員に攻撃ができますが、ディフェンダーは自陣のサポートと守りしかできません。

そしてアタッカーは魅斗と土上だと指定されてしまいます!

 

聖は、魅斗のチャームが発動すれば一発KOであること、星愛楽と愛音は烏級でも優秀なため同級では相手にならず、梟級を相手に選んだのだと言います。

舞は聖の真意が読めず、目的がわからない以上彼を制御することはできないと焦り…。

 

そんな中、土上がいきなり攻撃を仕掛け、すぐに勝負を始めるよう促します!

<感想>

同級では相手にならないとはしておきながら、格上の梟級でも特に優秀な相手を当ててくること自体、聖の性格の悪さがにじみ出ていますね。

一体どうやって魅斗を負けさせるつもりなのか、そしてなぜ魅斗をここまで排除したがっているのか、気になるところです!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事