【彼女、お借りします】最新話166話ネタバレや感想!11月25日掲載

 

2020年11月25日発売の週刊少年マガジンにて、【彼女、お借りします】の166話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【彼女、お借りします】最新話166話ネタバレや感想!11月25日掲載

母親から呼び出されて、桃をおすそ分けしてもらう和也。その間にアパートでは、八重森が水原に接触しており…。

2人の進展を測るため、デートで一体何があったのか聞き出そうとする八重森。

しかしそこで、水原が祖母を亡くしたばかりなのを思い出し、うかつに探るのは不謹慎だと気がつきます!

 

聞き方を思いあぐねる八重森に対して、急ぐからとドライに去っていく水原。

八重森は独り、自分も警戒対象にされているのだと自覚するのでした。

 

帰宅した和也は、唯一水原の本心を知る者として、力になってやりたいと考えます。

桃のおすそ分けを口実に接触を試みようとしますが…部屋を出た瞬間鉢合わせをし、不意を突かれて気まずくなってしまい…!

 

焦りながらも頼って欲しい気持ちから、昨日のことを切り出そうとしますが、その前に水原から、上映会の話題を出されます。

着ていく服は何がいいか、平然とした調子で相談する水原に、和也は戸惑うばかり!

あっけに取られているうちに、桃を渡し忘れるのでした。

 

さっぱりしすぎな水原のおかげで、昨日のことは夢だったのかと疑い始める和也。

もはや大泣きしたこと自体が“演技“なんじゃないかとすら考えてしまい…。

そんなことはなく、きっと水原も強がっているはず。

和也は、そんな水原をこれからも支えていきたいと強く願いました。

 

一方の水原は、祖父と祖母の遺影にゼリーのお供えをし、レンタル彼女のことを打ち明けます。

カッコつけた和也を茶化しつつも、彼のおかげですっきりできたのだと、笑顔で語り掛けるのでした!

<感想>

男心と女心が交差した回。一見複雑なように見えても、フタを開けてみれば非常に単純で、すべてを知れる読者としては微笑ましい一幕でしたね。

祖父母に笑顔で向き合えたことにホッとしつつ、ついにやってくる上映会でどうなってしまうのかドキドキです!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事