【宇宙兄弟】最新話350話ネタバレ!38万キロ離れていても

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年1月30日発売のモーニングにて、【宇宙兄弟】の最新話である350話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

349話ネタバレはこちら!

【宇宙兄弟】最新話350話ネタバレ!38万キロ離れていても

ケンジと新田がビートルシュミレーターを使って『月面を旅』するところから始まります。

 

ガタガタと本物のように揺られ、臨場感のある映像を見て、「月に来たようなもんだな」などと話す二人。

すると月面にいる六太を思わせる口調で

 

「ふふレイ君、アトラクションにしたら儲かりそうって思ってるでしょ」
「今度プロデュースしようぜケンさん」

 

などと会話を交わします。

 

その後、昼食もシュミレーターの中で食べることになり、宇宙食を食べ始める二人。

あくびの仕方まで真似をしながら休憩を終え、シュミレーションに戻ります。

 

そして、ギブソンが通過するのに一番苦労した『A地点』に入ります。

ですが、車幅の広いビートルではあっという間に滑落してしまいました。

どうやら車輪が地面の高低差をとらえきれていないようです。

 

もう一度チャレンジし、今後は右方向に迂回することに。

行き止まりでしたが、二人は六太たちとローバーを作った時のことを思い出し、ケンジが途中まで戻って左側の斜面を使ってみることを提案。

新田も「そうだな。まずは試さないと」と同意します。

ですが、何回試してもうまくいきません。

 

一方、六太とフィリップもルナランダーに到着した時のシュミレーションを行っていました。

こちらはモッシュとやり取りしつつ、軽口を挟みながら進めます。

 

地上ではケンジと新田の二人が「ほかにアイデアを出す必要がありそう」と話しているうちに、「今日はここまでにしておきましょう」とビンスから声がかかります。

結局4分の一も進むことができませんでした。

 

「ここまでとは」「前途多難」などと少し暗くなるタイガーチーム。

ビンスは「今もギブソンとフェンダーを走らせて周辺の地形情報を集めています。何かヒントが見つかる可能性はあります」と話します。

 

ケンジは『こんなときムッ君ならどう考える…?』と心の中で考えながらマップを見つめます。

すると透けた六太の指がルナランダーを指さし、ケンジは「だよねやっぱ…」と一人つぶやきます。

 

そしてケンジは『ルナランダーから帰り道を進んでみる』ことを提案。

進めなくなるかもしれないけど、意外と半分以上いけてしまう可能性もある。

「まずはそれを知ることから」とケンジがいうところで終わります。

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事