【宇宙兄弟】最新話355話ネタバレや感想!紫の壮大なドッキリ

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年5月14日発売のモーニングにて、【宇宙兄弟】の最新話である355話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

354話ネタバレはこちら!

【宇宙兄弟】最新話355話ネタバレや感想!紫の壮大なドッキリ

週刊六太

ビートルで月面を走る中、おなじみの『週刊六太』を配信するシーンから始まります。

 

流れゆく月面、隣のフィリップ、ブギーなどを紹介。

ルナランダーに行くための中継地点である小型基地『R-60ハビタット』に向かっていることを話します。

この小型基地はなんとあの紫が建設に関わったとのこと。

 

そうしていると、とうとうハビタットに到着。

その形は昔やったサバイバル訓練の時と形がそっくりでした。

二人は訓練を思い出しながらドッキングさせ、中へと入ります。

ドッキリ

建設クルー以来、初めての来客であるため、まだ新居のような匂いがするようです。

ですが奥に進むと帽子をかぶった男性が座っていました。

誰もいないはずなので、驚く二人。

 

少し体が傾いたことで二人はまだ生きているのではないかと考え、ヒューストンへ『誰かがいる』ことを焦りながら伝えます。

ですが管制室は冷静で、みんなはうつむいて笑う一人の人物を見つめていました。

 

その後、六太は顔を確認すると、それは人ではなくただの旧型の管理用ロボットでした。

それを見てすぐに紫の仕業であることに気づく六太。

 

そして、ヒューストンで大笑いする紫から通信がかかってきました。

二人のリアクションをほめる紫。

楽しそうに話すも、二人はむすっとした表情をし続けます。

 

六太の心の中ではこのドッキリにビンズが関わっていた事実にショックを受けていました。

そんなことを考えつつ、紫に本題を尋ねます。

 

紫はドッキリのためだけに来たのではなく、この後、ジョックを操作して明日の動作の確認をするとのこと。

明日の操作も紫が担当するようです。

紫の信念

その様子は週刊六太で配信されていたようで、ケンジとレイジは「仕掛けてから2年って壮大なドッキリだよな」などと話します。

二人のシミュレーション通りにうまくいくのかを心配するレイジ。

ケンジは全く心配していないようです。

 

紫がいることで六太たちも心強いのではないかと話すケンジ。

笑いの力を実感したなどと話し、レイジもほっとしたなどと話します。

その後、紫の胸元にされていたFMTEワッペンが『紫の信念』が現れていた、などと話す二人。

ど真ん中に地球が描かれているワッペンなのですが、その地球に大きく顔が落書きされていたのでした。

 

ビートルの準備を終え、拳を合わせる六太とフィリップ。

ジョックの動作の確認を始めるために出発します。

 

軽口をたたきながら、例の崖に到着。

真面目に緊張感を忘れずに、大胆かつ繊細に、素早くかつ確実に、余裕をもって、楽しくいくぜ」と紫が言うところで終わります。

感想

紫、久しぶりの登場です。

2年越しのドッキリとはさすがいたずらのプロ!

月ではドッキリのスケールも違いますね。

月面でブライアンの置き土産を見つけたときと同じです。

 

いつでもどこでも変わらない紫。

そんな彼に六太たちも安心感を覚えたに違いありません。

崖のシミュレーションも、問題なく終えるはずでしょう。

 

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事