【宇宙兄弟】最新話348話ネタバレ!全員で地球に立って初めて卒業になる

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

 

2019年12月26日発売のモーニングにて、【宇宙兄弟】の最新話である348話掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【宇宙兄弟】最新話348話ネタバレ!全員で地球に立って初めて卒業になる

ビンスが月から帰還した時に、六太がHCと書かれたメモの意味を聞いたときのことを思い出します。

HCは『帰還』のことで、クルーたちの間では『激しい卒業式』と呼ばれたりするそうです。

帰還船の激しい揺れが『祝辞』、地球に着けばクルーはバラバラに、それぞれの人生が始まる『卒業式』であることを思い出す六太。

ビンスの帰還とジョーカーズの帰還を重ねるように見つめます。

 

カルロがベティに声をかけると、苦痛の顔をしながらもなんとか「大丈夫」と話します。

その言葉を聞いて、安心するジョーカーズの3人。

エディは『着水完了。全員無事!』と報告します。

 

管制だけでなく、ベティの息子や六太たちも喜びます。

六太とフィリップは月で『帰還ダンス』を踊り出します。

 

帰還船を回収する人がきて、回収作業に入ります。

ベティは

  • 髪が重い
  • ほっぺたも垂れる
  • 全部の傷口がズキズキいってる

などと感じるも、そのおかげで『生きてる』感覚を実感します。

 

まずはベティから運ばれることになり、エディは「よく頑張った!ここでお別れだ」とベティに言います。

先にヘリで病院に運ぶそうで、ベティはみんなにお礼をいった後、運ばれていきました。

 

月では、六太とフィリップが「今日は一杯やろうぜ」などと話します。

六太は「実をいうとちょっと『置いてけぼり』を感じるかと思ってた」と話し、「俺も」と言うフィリップ。

 

ですが「そうでもなかった」「自分の一部がちゃんと地球に帰った」と感じたようです。

その言葉にフィリップも「ヤァマン!」と言って答えます。

 

ですが六太は『Aチームにとっては逆だろうな』と考えます。

エディたちからすれば自分の一部がまだ月に残ってる。
ジョーカーズは、まだ誰も『卒業』できてないまま…

と六太が心の中で呟くところで終わります。

 

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事