【学園ベビーシッターズ】最新話112話ネタバレや感想!2019年12月24日掲載分

 

最新話掲載の月刊LaLaを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

飛行機事故で両親を亡くした鹿島兄弟は、同じ事故で息子夫婦を亡くした亡くした理事長に引き取られます。

条件は、兄の竜一が学園でベビーシッターをする事。

理事長やその秘書の犀川との暮らしの中で、今回は?

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【学園ベビーシッターズ】最新話112話ネタバレや感想!2019年12月24日掲載分

至って平和な日曜日の朝。

竜一は虎太郎に顔に登って来られて目を覚まします。

おはようの挨拶を交わし、着替えを始めます。

 

お兄ちゃんの言う事をよく聞く、聞き分けのいい虎太郎ですが、大好きなお洋服はあったりします。

「とあちゃ」

と笑顔で差し出すのはトラさんの顔がついたセーターです。

「いや、それ、おとといもその前も着てたし、今日は違うの着たらどうだ?こっちのくまちゃんも好きだろ」

と違う服を見せる竜一ですが、あからさまにガッカリした顔の虎太郎に、つい、トラさんのセーターを着せてしまいます。

 

何回も着るので、だいぶくたびれているのはわかっていたのですが。

朝食後、竜一と犀川が洗い物をし、理事長が読んでいる新聞に載ったパンダの写真を指差して見せる虎太郎の腕の部分に、穴が見つかってしまいます。

 

理事長は、切り抜いてもらったパンダの写真を持って嬉しそうな虎太郎を連れて、竜一と犀川に言います。

「このみっともない虎のセーターはさっさと捨てて、新しい服でも何でも買っといで!」

虎太郎のお気に入りだから、と竜一が言い訳するも、自分が預かってる以上そんなみっともない格好は許せない、と買い物に行くよう言われてしまいます。

 

それを聞いた虎太郎は、部屋に逃げ込んでしまいます。

お気に入りだろうがいつまでも同じ服ばかり着てられないだろ、と理事長に言われてベッドの下に潜り込んで隠れてしまった虎太郎を置いて竜一と犀川は買い物に出かけます。

 

ベッドの下で涙目になってトラのセーターを握りしめる虎太郎の元には、理事長がやって来ます。

シーツをめくって覗き込まれ、出て来いと理事長に言われて虎太郎はハラハラと泣き出してしまいます。

「とあちゃ、ないないすうの、めー」

その様子を見て、理事長も考えを改めます。

「捨てろだなんて言ったあたしが悪かったね、ばーちゃんが穴ぼこふさいで直してやるさ」

と言ってくれます。

 

その頃、犀川の運転する車で買い物に向かう竜一は、虎太郎がぐずってないか心配していましたが、犀川から理事長が虎太郎のために何でもしてやっているはずだ、と断言されていました。

その通り、理事長は老眼に苦労しながらも虎太郎にも手伝わせて針に糸を通し、穴を繕い始めます。

 

沢山の服を買って帰って来た竜一と犀川を出迎えたのは理事長と、トラのセーターの両腕の穴をパッチを当てて塞いでもらった虎太郎でした。

「物を大事にするのも悪くはないからね」

と照れ隠しのように言う理事長にお礼を言って、トラのセーターはますます虎太郎のお気に入りとなり、毎日のように着せては理事長から怒られるのでした。

感想

大人から見て、ボロボロなんだから捨てちゃえばいい、と言われてもお気に入りで大事にしていた靴があったのを思い出しました。

私の靴は捨てられてしまいましたが、虎太郎くんのセーターは繕ってもらってよかったです。セーターを握りしめて泣く虎太郎が可愛かった!

 

最新話掲載の月刊LaLaを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

おすすめの記事