【呪術廻戦】最新話147話ネタバレや感想!4月26日掲載

 

2021年4月26日発売の週刊少年ジャンプにて、【呪術廻戦】の最新話である147話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【呪術廻戦】最新話147話ネタバレや感想!4月26日掲載

かつてパンダを産みだした夜蛾は、拘束され監禁されていました。

通常の人工的な呪骸は、術師から与えられた呪力を動力として消費するもの。

ところがパンダの呪力は自身のもので、自己補完されているのです。

 

もしそれが意図的に造られたものであれば、上層部は夜蛾を特級に認定したうえで、無期限拘束に処すつもりで…夜蛾は造り方を知らないと言い張るのでした。

 

そして現在、夜蛾は元気なさそうに天元の守る森でうなだれています。

タケルという夜蛾の呪骸らしきものに慰められ、長い出張に出ることを伝えると多くの仲間たちに別れを惜しまれていました。

 

一方で拘束されていたパンダは、日下部によって解放されました。

パンダが捕らえられているのは夜蛾を誘い出すためであり、日下部は恩人である夜蛾のために危険を冒したのです。

 

タケルは、日下部の甥の情報を持った何かとして生み出されました。

日下部の妹は精神を病んだ様子でしたが、タケルと引き合わされるやいなや、生前の息子の面影を感じて正気を取り戻しました。

 

タケルのような完全自立型の呪骸は公にできないため、タケルと日下部妹が一緒に暮らすことはできませんが、日下部はタケルを生み出してくれた夜蛾にこの時深く感謝していたのでした。

 

一人夜道を歩く夜蛾の元に本部からの刺客がやってきました。

死罪となった夜蛾が助かる方法として、パンダのような完全自立型人口呪骸の造り方を明かすよう、刺客は要求してきます。

さらには楽巌寺もやってきて…夜蛾に致命傷を浴びせます!

 

楽巌寺が刺客を下がらせると、夜蛾は完全自立型人口呪骸の製造方法を自ら明かし始めました。

それは肉体の情報から魂の情報を複製し、その情報を呪骸の核に入力するというもの。

さらに相性のいい3つの魂を宿した核を1つの呪骸に込め、互いの魂を常に観測させれば、魂が安定して自我が芽生え、生後3ヶ月を過ぎたあたりで呪力の自己補完を始めるとのことです。

 

それを聞いた楽巌寺は、なぜもっと早く話して生き延びようとしなかったのかと問います。

すると夜蛾は、自分から楽巌寺への呪いなのだと答えて息を引き取りました。

 

その瞬間をパンダは目撃!

楽巌寺はすぐさま身構えますが、パンダはまったく意に介さず夜蛾の元へ。

 

パンダは楽巌寺が上層部の命令でやっただけだと理解しており、今の楽巌寺は落ちているナイフのようなものだと言います。

しかしパンダだって泣くのだと続け、慟哭するのでした。

<感想>

ここにきてようやくパンダの生存も確定!

これで釘崎以外の高専メンバーの生死が判明しましたね。

夜蛾は残念なことになってしまいましたが、楽巌寺はその代わりに受けた「呪い」のためにどうなっていくのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事