【呪術廻戦】最新話132話ネタバレや感想!12月7日掲載

 

2020年12月7日発売の週刊少年ジャンプにて、【呪術廻戦】の最新話である132話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【呪術廻戦】最新話132話ネタバレや感想!12月7日掲載

虎杖の黒閃に対して、真人は対策を済ませていました。

それは身体のサイズ変形で命中をずらし、部分的に「遍殺即霊体」を解いて呪力で保護するというもの。

そして呪力の隙がある虎杖の首を、はね落とす作戦です!

 

戦局は真人の思惑通りに進み、勝ちを確信した真人が虎杖の首を狙います。

しかし真人には時間差で、二重の衝撃がやってきて…。

これは虎杖が呪力操作の精度を上げると同時に失った逕庭拳。

脹相との戦いによって再び会得した虎杖は、これを使いこなせるようになっていたのです!

 

反撃する虎杖に加え、高い位置に登場した東堂が左手を失っても「不義遊戯」を発動…

したかと思いきや、真人も虎杖も立ち位置が入れ替わっていません。

もう東堂には「不義遊戯」を使うことができないのです…。

 

不意を突かれた真人に、虎杖渾身の黒閃が炸裂

腹部に食らった真人は血を吐き、ふっ飛ばされてしまいました。

 

まだ息はあるものの変身が解けてしまい、改造人間のストックもありません。

そんな真人に虎杖は、自分と真人が表裏一体であることを認めます。

 

それでも意味も理由もなくったって、虎杖は真人を殺すこと、新たな呪いとして生まれ変わっても、何度でも殺すことを宣言。

きっと自分は大きな何かの歯車の一つにすぎず、自分の行いに意味が生まれるのはずっと後のことで、それでも呪いを殺し続けることが自分の役割なのだと言います。

 

自然界の狩る者と狩られる者として、追う虎杖と逃げる真人。

その真人がたどり着いた先には、助けようとする夏油の姿があるのでした!

<感想>

ついに真人を追い詰めた!と喜んだのもつかの間、夏油が余裕の表情で登場。

一体冥冥はどうなってしまったのでしょうか?そして真人を助けるというのも、真人の望む救いではなさそうで…

いよいよ大詰め。嫌な予感が止まりません!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事