【化物語】最新話73話ネタバレ!絶体絶命の暦の元に駆けつけたのは

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

12月11日発売の週刊少年マガジンにて【化物語】の最新話である73話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

前話の72話ネタバレはこちら!

【化物語】最新話73話ネタバレ!絶体絶命の暦の元に駆けつけたのは

暦を仕留めきれず、冷静に話すエピソードとギロチンカッター。

エピソードが腕を拾い、ギロチンカッターは武器を回収します。

その後、ギロチンカッターが「あの少年は強い。が所詮はなりたてです。いつものやり方でいきましょう。エピソードくんも本気でどうぞ」と言います。

その言葉に、エピソードは「ハートアンダーブレードは眷属をつくらねぇ主義じゃなかったのかよ」と悪態をつきつつも、すぐに行動を開始します。

 

一方、暦は走り続けながらキスショットの言葉を思い出します。

  • 吸血鬼としては最高ランクの怪異殺し
  • 3人だったから不覚をとっただけで、体調もよくなかった
  • とにかく一人ずつを相手にする限りに置いてあやつらはうぬの敵ではないわ

 

などの言葉を思い出していると、妹からメールが入ります。

その他愛もないメールを読んでいると、二人が追いかけてきていることに気づき、暦はすぐに逃げようとします。

 

ですが、そんな暦の前に巨大な銃剣のような見た目の武器を両手に持った大男の姿が。

男は日本語ではない言葉で暦に話しかけます。

 

暦は男を前に「なんだこれ…!?雄おっぱいで顔が見えない…」などと考えていると、二人に追いつかれてしまいます。

「いけませんよ、ドラマツルギーさん。現地の仕事は現地の言葉で、基本です」とギロチンカッター。

そして暦の後ろにはエピソードが。

 

3人に囲まれ、同時に襲われる暦。

暦は両手をあげ怯えながら「500年もこんな扱いを受けてきたってのかよ、あいつ」とキスショットの顔を思い出します。

 

3人の攻撃が暦に直撃したかと思われましたが、暦の身には何も起きていません。

目を開けると、そこには忍野メメの姿があり、3人の攻撃を軽く受け止めていました。

そしてメメが「元気がいいなぁ。何かいいことでもあったのかい?」というところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事