【創世のタイガ】最新話53話ネタバレ!未来を変えるために送られたのではないか

 

最新話掲載のイブニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月24日発売の【イブニング】にて、【創世のタイガ】の最新話である53話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【創世のタイガ】最新話53話ネタバレ!未来を変えるために送られたのではないか

台車やレンガを作ってあげる代わりに働いてくれる集落の人々。

その光景をみてリカコやユカたちは驚きます。

 

そこにタイガたちが帰還。

「なんとか狩りができたよ」「途中ではぐれマンモスに追いかけられた」などと報告します。

 

「アフリカ!」というティアリの言葉をタイガが遮り、とりあえずリクの『アレ』を見に行くことに。

 

そんな二人の仲よさそうな様子を見て、落ち込むユカ。

「入る隙はないよ〜」などとユカの心の声を代弁するなどし、リカコがユカに茶々を入れます。

 

その頃、タイガたちはリクの元に到着。

そこにあったのは、建設中だけど、とても大きなレンガ調の釜でした。

 

それを見て、青ざめるタイガとアラタ。

そこにリクがやってきて互いの進捗状況を報告します。

 

「本当に鉄を溶かせるの?」というタイガの言葉に、リクは「普通の釜じゃ温度が足りないから、レンガを積んで登り窯を作っている」と言います。

それはリカコの入れ知恵でした。

登り窯は、傾斜を利用した大規模な釜のことで、1000度を優に超える温度を作ることができます。

 

ですが、そこにレンがやってきて、

 

  • どこまで歴史を変えるんだ
  • 未来にどんな影響が出るかわからない
  • 帰れなくなる

 

などと抗議します。

 

すると、タイガは「僕らはおそらく帰れない」と一言。

そして、何か意味があって、なんらかの目的のために連れてこられたんだと言います。

 

未来を変えてはいけないのではなく、『未来を変えるために送られてきたんだ』とアラタは言います。

 

それを聞いたレンは付き合いきれないとその場を立ち去ってしまいました。

タイガもアラタの意見を肯定するも、ユカは『私は帰りたい』と心の中で考え、目からは涙が流れます。

 

そうしていると、カシンが大声をあげながら近づいてきて、「ムシュンジキタ!」と、見たこともない大群が西の山の向こうからきていると知らせに来ます。

 

その襲来に備え皆を集め、「先に仕掛けて殲滅する!」と鼓舞するシーンで終わります。

 

最新話掲載のイブニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事