【僕とロボコ】最新話35話ネタバレや感想!3月29日掲載

 

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプにて、【僕とロボコ】の最新話である35話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【僕とロボコ】最新話35話ネタバレや感想!3月29日掲載

ルリの描いた読み切り漫画がジャンプGIGAに掲載!

ボンドの部屋で報告をするルリをボンドはべた褒めです。

するとすぐ傍にいたロボコが、漫画のハウツー本をまとめて目からビームで破壊!

ルリばかり評価されていることへの嫉妬で、漫画を描くのを辞めると言い出します!

 

ロボコも毎月新世界漫画賞に20本以上投稿し、努力はしていると言います。

パロディでもなんでも、なりふり構わず描いているのに、どれだけ描いてもなしのつぶてのようで…。

 

するとルリがロボコの漫画を読ませてほしいと言いました。

もうパクったりはしていないと言いますが…そのタイトルは『ブラック苦労婆(くろうばあ)』!

黒い服のおばあちゃんが苦労して魔法瓶を探す話だと言います。

 

タイトルのパクリぶりと内容のクソ漫画ぶりに、さすがのボンドも全力でツッコみます。

しかしルリの反応は…ライバルが出現したと衝撃を受けている様子!

独特の世界観を生み出すセンスは藤本タツキ先生かロボコくらいだと言い出します。

 

次にロボコが見せた作品は『じゅじゅじゅパイセン』。これもまたひどい出来なのでボンドはツッコみますが、ルリは発想の自由さにまたも感心していました。

ボンドもパクリはよくないが漫画は続けてみたらと促します。

 

しかしロボコは、自分に才能がなくどんなに頑張ろうがパクリ漫画かパロディしか描けないのだと涙ぐみます。

するとルリが、たくさん漫画を書けるのも才能だとフォロー。

ちゃんと形にできるロボコはすごいこと、自分も最初は好きな漫画の真似をしていたことを言いました。

 

ボンドも好きな作品に影響を受けるのは悪いことではないと言い、それを聞いたロボコは次の月例賞を目指すと奮起!パクリを封印してルリからアドバイスをもらい、完成させたオリジナル作品は…『僕とロボコ』!

ロボコはボンドを主役にしたエッセイ漫画に挑戦したのです。

 

ところが内容は、ボンドがロボコの可愛さにデレデレしっぱなしというもの。ボンドは拒否反応を示しましたが、既に賞に送ってしまったと言われ…

結果、「最終候補まであと一歩」として掲載されていました。

ショックを受けるボンドでしたが、編集部講評で2人の仲の良さが伝わり好印象だと書かれており、その言葉でよしとするのでした。

<感想>

ロボコの怒濤のパクリネタも面白いものでしたが、最終的に入賞は逃したものの初めて掲載されるという結果を残せたのはよかったですね。

一方で小学生プロ漫画家として着実にステップアップしているルリが、今後どう飛躍していくのかにも期待です。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事