【今日からシティーハンター】最新話34話ネタバレ!パイソンの過去と約束

 

最新話掲載の月刊コミックゼノンを読むなら【U-NEXT】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

本ページの情報は2020年10月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

2020年5月5日発売のコミックゼノンにて、【今日からシティーハンター】の最新話である34話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【今日からシティーハンター】最新話34話ネタバレ!パイソンの過去と約束

エンジェル・ダスト

パイソンの右のパンチを後ろに下がって避ける獠。

パイソンの右手が床をえぐります。

 

獠はそのまま片手でバク転し、銃を構えます。

直進してくるパイソンの両足の太ももを撃ち抜くも、その走りは止まることはありません。

 

獠は驚きつつも、パイソンの左のパンチをかろうじて回避。

その左手は壁に大穴を開けてしまいます。

そしてパイソンは指で足をほじくり、銃弾を取り出すと、何事もなかったかのようにゆっくりと歩きだします。

 

その様子を見て『エンジェル・ダスト』を今も使用していることに気づく獠。

お前の命を奪う悪魔の薬だ』などと忠告するも、パイソンに「それが何だ」とその言葉を一蹴されます。

 

兄貴の敵は俺が排除する。俺の目的はそれだけだ

と頑ななパイソンに、獠はなぜそこまでするのかを問うも、答えることはありません。

 

何を言っても無駄であるため、やり方を変えます。

上着を脱ぎ捨て「あんまり哀れだから付き合ってやるよ」と言うと、拳を構える獠

 

「来な」と言うと、パイソンが猛スピードで迫ってきました。

苦戦

パイソンの攻撃をよけ、わき腹にカウンターをかますも、硬すぎて逆に獠の拳にダメージが。

ひるんでいるすきに、パイソンの蹴りを喰らってしまいます。

 

何とか腕でガードしたものの、壁まで吹き飛ばされてしまい、さらに追い打ちをかけてきました。

獠はよけきれず、ショルダータックルで壁ごとさらに後方に吹き飛ばされます。

 

首を絞められ、宙に浮く獠。

腕をほどこうとするも、力が強すぎて全くびくともしません。

 

なので、獠は後ろにある壁を蹴って勢いをつけ、パイソンの顎に膝蹴りをかますことで何とか脱出。

「あぶねーこの馬鹿力が」などと言う獠を、内心冷や汗をかきながら「こいつ強い」と評価するパイソン。

 

すると懐から注射器を取り出します。

それを見て「死ぬぜ」などと止めるように言うも、「俺は兄貴の敵を排除できればそれでいい」と揺らぐことはありません。

パイソンの決意

パイソンは過去、カツアゲにされているときに兄が助けてくれたことがありました。

二人ともども、ぼこぼこにされてしまうも、兄の気迫にビビった不良たちは逃げていきます。

その時、パイソンは謝りながら「強くなるから」と何度も誓います。

絶対に生き抜いてのしあがり、誰よりも幸せになろうと、約束するのでした。

 

パイソンは、「強くなるんだ」と改めて心の中で決意し、腕に注射を打ちます。

体中が悲鳴を上げ、獣のような叫び声をあげるパイソン。

「シューシュー」とよだれを垂らしながら異様な雰囲気をまといます。

 

そして獠が「バカヤローが。目ぇ覚まさせたやるよ」と言って、対峙するところで終わります。

 

最新話掲載の月刊コミックゼノンを読むなら【U-NEXT】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

本ページの情報は2020年10月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

おすすめの記事