【マッシュル-MASHLE-】最新話49話ネタバレや感想!2月8日掲載

 

2021年2月8日発売の週刊少年ジャンプにて、【マッシュル-MASHLE-】の最新話である49話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【マッシュル-MASHLE-】最新話49話ネタバレや感想!2月8日掲載

マッシュのグーパンに悶えるも、すぐに立ち上がる死霊。

彼らは生き物ではないため、ダメージを受けたところですぐに回復してしまうのです!

 

マッシュにはもう打つ手がなく、ただ死霊に追われてまっすぐ逃げるばかり。

脳筋のマッシュ一人ではカギの入った風船のありかなんて見当もつかず、途方に暮れますが…。

 

そこで誰かに誘導されて死霊を撒くことに成功!

魔法でマッシュと自分の身体を小さくし、死霊は目が悪く音に反応するとアドバイスするのは、アドラ寮3年のマックス・ランドでした。

この試験は協力した方が効率が良いと考えるマックスは、半ば強引にマッシュと同盟関係を結びます。

 

マックスは、カギのありかは死霊の移動範囲上にあると考察。

これは試験であるため、論理的に正解にたどり着けるように仕組まれているはずだからです。

 

難しいことが苦手で説明が理解できないマッシュに、マックスは死霊を追いかけるという単純にかみ砕いた作戦を話し、作戦開始です!

 

一方でフィンは怯えるだけでその場から動けず、ドットは大声を出して死霊に追いかけられていました。

ランスは何かを見つけたようですが…。

 

小型化したままコッソリ死霊を尾行するマッシュとマックス。

すると空気入れらしき装置とともに設置された風船を発見します!

 

マッシュはすぐに膨らませようとしますが…大きな音が鳴り、反応した死霊に追いかけられてしまいました!

空気入れを直接押せば死霊にすぐ気づかれてしまい、マックスの物のサイズを変えるという固有魔法では空気を押し込むことは難しい。

 

マッシュが風船をそのまま破こうとすると、またしても音が鳴って追いかけられてしまいます。

空気入れを壊してもカギは落ちてこず、風船はしぼみもしません。

 

そこでマッシュはあることを思いつきます。

マックスの魔法で風船を巨大化。

中から触れても音が鳴る仕様なため人は入れず、どう見ても割りにくくなっただけのように見えますが…その下でブレイクダンスを踊り出すマッシュ!

 

マッシュは大きくなった風船の空気孔に向けて、すさまじい速さのブレイクダンスで発生させた風を送り込み、風船を破壊させたのです。

そんなとんでもない方法に驚愕する観客たちですが、マッシュは思惑通りに風船を割り、一つ目のカギをゲットするのでした!

<感想>

この試験でマッシュは誰と行動することになるのかと思えば、ここで新キャラとの共闘が実現!

マックスは果たして良い先輩にしてライバルになるのか、それともマッシュを裏切り強敵となるのか…?

なんにせよ、まずは第一関門を突破したことで一安心ですね。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事