【ブラッククローバー】最新話291話ネタバレや感想!4月26日掲載

 

2020年4月26日発売の週刊少年ジャンプにて、【ブラッククローバー】の最新話である291話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ブラッククローバー】最新話291話ネタバレや感想!4月26日掲載

ついに最上位悪魔を撃破!

アスタとリーベの悪魔同化(ユナイト)は完成しきったものではありませんでしたが、賞賛の言葉を贈るナハト。

 

するとアスタはナハトのことをヤミに似ていると言うので、ナハトは影魔法でアスタを縛り上げますが、ヤミを見ていると昔の自分を思い出すのだと内心まんざらでもない様子。

 

しかしアスタに悪魔同化(ユナイト)の反動がきてしまいました。

全身に痛みが走り、今から30分は悪魔同化(ユナイト)もブラックもできないと言います。

ダークトライアドが最上位悪魔クラスの力を得ており、今から30分もたせるには厳しい状況ですが…。

 

冥府の開門を促進しているモリスも厄介ではありますが、次の門が開く前にダークトライアドを撃破しなければなりません。

そんな中、現在最もマズい状況なのはダンテを相手にしたジャックです!

 

ダンテにまったく攻撃が通用せず、立つこともままならないほどボロボロのジャック。

ダンテはトドメを刺そうと手をかざしますが…そこに”爆殺轟炎魔球”が打ち込まれました!マグナとゾラの登場です。

 

ダンテは2人を雑魚と侮り、格下の来るところではないと言い放ちました。

ジャックも2人に帰るよう促しますが、マグナはダンテたちを倒してヤミを救出しにきたのだと言い張ります。

 

ダンテは、2人の魔力はあまりにも低く、特異な魔法を備えていたり冥域であったりするわけでもないのに、2人がかりだろうと意味がないとしますが…。

 

マグナは、2人がかりどころか自分一人で倒すと宣言!

ダンテは怒りをあらわにしてすさまじい魔力を放ちます。

 

マグナは手を震わせ、ダンテの強さと己の弱さを理解していながらも、このまま黒の暴牛の仲間達の元に帰るわけにはいかないという気持ちがあるのです。

 

ダンテはマグナに自分の魔法を使う気は一切ないとし、好きなだけ攻撃して満足すれば去るように言いました。

マグナは大きな火球を投げ、案の定ダンテにはなんの効果もありませんが…攻撃を受けたダンテの胸と、マグナの胸が鎖で繋がれます!

 

ダンテが鎖に戸惑っていると、ダンテの悪魔の力100%が解けてしまいました。

するとマグナは裏炎魔法”魂炎鎖死決闘(ソウルチェーンデスマッチ)”と称し、ダンテに拳を叩き込みます!

マグナはダンテと自分の魔力を合わせて均等に割ったのと言うのです!

<感想>

ダンテの相手がマグナとは、さすがに格が違いすぎるのでは…と心配になりましたが、まさかの新技でやってくれましたね!

魔力差があり圧倒的に不利だからこそ、勝機が見える秘策を打ち出す激アツ展開。

このままダンテを押し切ってもらいたいものです!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事