【ブラッククローバー】最新話280話ネタバレや感想!2月1日掲載

 

2020年2月1日発売の週刊少年ジャンプにて、【ブラッククローバー】の最新話である280話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ブラッククローバー】最新話280話ネタバレや感想!2月1日掲載

冥府の一階層目から封印が開かれることでやってきた、2体の最上級悪魔・ナハマーとリリス。

その強さはダークトライアドを遥かに凌駕し、ナハトが従える悪魔のうち1体・プルメデが震えています。

次の攻撃でナハトも大ダメージを食らいますが、あくまでも2体は遊んでいるにすぎず…!

 

城下町では、城を覆う巨大な木の根が世界からマナを吸っているのだと、恐る恐る見守っていましたが、まもなく突然大量の悪魔が城内から噴出することで大パニックに!

そればかりでなく、門が開いた影響で倒したはずの魔神も復活してしまい、メレオレオナは本気の戦いに挑もうとします。

 

そして城内では、門が開いたことでダークトライアドの悪魔との契約が完全化

3人が100%の悪魔の力を得ることになってしまいました

 

勢いづいた3人によってこれまでとは段違いの攻撃が始まり、ジャック・シャーロット・ユノは劣勢となります。

 

ナハトは、モリスを野放しにしておけば事態は悪化する一方だと、焦りを見せます。

すぐにモリスを倒しに行かなければ行けませんが、目の前のナハマーとリリスの相手もしなければならない状況。

 

それらを両立して自分たちが勝利するための最善策を講じますが…

思い浮かぶのはアスタの姿!

 

ナハトは意を決した様子でプルメデに、自分と一緒に死んでくれと頼みます。

 

その頃、クローバー王国にも巨大な魔神が降臨します。

突然のことに王都はパニックになりますが、アスタとリーベは依然として地下での修業を続けており…。

<感想>

案の定と言うべきか、簡単にダークトライアドを撃破することはできず、一転して状況は最悪になってしまいました。

スペード王国だけでなくクローバー王国まで危機にさらされ、魔法騎士団はこの戦いに勝利することができるのでしょうか?

まだ姿を見せない黒の暴牛のメンバーたちが気になるところですが…

ナハトの死亡フラグが乱立しているのにもハラハラさせられます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事