【ヒロアカ】最新話311話ネタバレや感想!5月10日掲載

 

2021年5月10日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である311話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話311話ネタバレや感想!5月10日掲載

ダツゴクの捕縛にかかるエンデヴァー・ホークス・ベストジーニスト。

ところがお目当ての人物に繋がる者はおらず…さらには一般市民からの感謝どころか、ブーイングを浴びながら去ることになってしまいます。

 

エンデヴァーたちは、連携がマスコミに知られたら出久にまでヘイトが向くとして、連動をズラして動いています。

彼らは出久をエサにして連合をおびき寄せようとしているのです。

しかし連合は潜伏に徹しており、捕らえたダツゴクからはその手がかりを掴むことができません。

 

ダツゴクに指示を出していないのであれば、オール・フォー・ワンは死柄木の乗っ取りを最優先にしているのだと推測されます。

オールマイトに敗れたことで、今のオール・フォー・ワン本体は管に繋がれていなければ延命できません。

それで最強に仕上げた死柄木の身体を乗っ取ろうとしているのだと。

 

死柄木の乗っ取りに成功すれば、ワン・フォー・オールの奪取をするはず。

しかしホークスには死柄木の憎しみが必要だというのが気にかかっていました。

ベストジーニストは、8人分の精神が宿ったワン・フォー・オールを上回る気持ちの強さが必要なのではと言いますが…。

 

オール・フォー・ワンはずっと笑っている。もしかすると気持ちが足りないのではなく、まったく無いのかもしれないとホークスは考えるのです。

オール・フォー・ワンには心が欠落しているのではないかと。

そう話し合いつつ膠着状態に気を揉んでいると、何かの警告音が鳴り響きました。

 

同時刻、車で出久を追跡しているオールマイトの元でも同じ音が鳴ります。

それは出久のGPSが消えた通知です。そしてオールマイトの車の脇に爆弾が投げられ、爆発が起こり…。

 

出久の元には、出久を拉致しようと言うダツゴクが現れていました!

その人物こそがオール・フォー・ワンからの刺客であり、彼に繋がる手がかりであることは間違いありません!

<感想>

世を忍びながら、一般市民に石を投げられながら、それでも平和を取り戻すため懸命に戦うヒーローたち。

そんな現在の彼らこそ、今までで一番ヒーローらしく感じられてカッコいいですね!

オール・フォー・ワンの刺客が登場しましたが、うまく退けて作戦を成功させられるのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事