【ヒロアカ】最新話306話ネタバレや感想!3月22日掲載

 

2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である306話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話306話ネタバレや感想!3月22日掲載

ホークスとベストジーニストはオールマイトの元へやってきて、ワン・フォー・オールと出久の関係について尋ねました。

これからプロヒーローたちはヴィランのみならず世間とも戦うことになります。

 

辞職を表明したヒーローがそれを公に示唆してそれが広まりつつある以上、彼らにはその真実を知る必要があるのです。

するとオールマイトはすべてを話すことを約束し…!

 

三日が経ち依然として世間のパニックが続く中、エンデヴァー・ホークス・ベストジーニストによる記者会見が行われました。

不安に包まれながらも民衆の中には、荼毘の件は嘘だったと安心させてほしいと願っている者も多く…。

 

そんな注目を集めつつ、エンデヴァーは荼毘の告発について真実だと回答。

そして家族についての過去を語り公然と謝罪しました。

ホークスの方も、隠していた父親の件や逃げるヴィランにトドメを刺した件について事実だと認めて謝罪をし…。

 

ギガントマキアが引き起こした被害についてヒーロー側を責める記者もいましたが。

ヒートアップした彼が言うとおり、ヴィランを全部倒して社会の不安を取り除くことが自身にできる償いなのだと、エンデヴァー自身が語り約束するのでした。

 

続いてベストジーニストは、ヒーローの数が減り今やすべての人々を守るのが困難だとして、雄英のような敷地とセキュリティが万全なヒーロー科の学校を政府と相談のうえ指定避難所としたことを発表。

人々に避難所生活を送ることを促します。

先の見えない避難所生活に反発の声も多く上がりました。

しかし先を見るためのことであり、非難も不安もこれから命を張る人たちではなく自分だけに向けてほしいと、エンデヴァーは呼びかけるのでした。

 

「ワン・フォー・オール」について、エンデヴァーは出久とオールマイトを庇うためにわからないとしか答えず。

しかし出久はA組の仲間たちへ一人ひとり直筆の手紙を残し、ワン・フォー・オールの個性のこと、オール・フォー・ワンにそれを狙われていることを明かしました。

そして出久はヒーローアカデミアを去り…!

<感想>

すっかりヒーローとしての威厳を確かなものにし、戦闘力だけじゃなくカリスマ性でもNo.1ヒーローらしくなったエンデヴァー!

そんな彼に名誉は守られたものの、出久は他の誰かを傷つけないためにつらい決断をしました。

これで物語は終章になるとのことで、出久の状況併せてなんだか寂しくなってしまいますね。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事