【ヒロアカ】最新話299話ネタバレや感想!2月1日掲載

 

2020年2月1日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である299話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話299話ネタバレや感想!2月1日掲載

ホークスの父は元々人殺しで、逃走中に匿ってくれた女性との間にホークスが生まれました。

しかしボロ小屋で3人身を寄せつつ、追跡に怯えてホークスに家を出るなと虐待する父。

 

そんな父に自分を置いて逃げるなとひたすら言い聞かせる母。

壊れた両親を眺めながら、ホークスはそんな生活に耐え続けていたのです。

 

ところがある日父は、車を盗んだことでエンデヴァーに捕まります

それを聞いた瞬間ホークスにとっては、テレビの向こう側の存在でしかなかったヒーローが現実のものとなったのです!

母はホークスを連れて逃亡を続けようとしますが、警察に保護されて父・鷹見との関わりを抹消し、親子ともに新たな人生を歩むことになるのでした。

 

そしてホークスは今、ベストジーニストの車内で目を覚まします。

セントラルの医療技術によってホークスは一命を取り留め、早くも動けるようになったのです。

ホークスが超常解放戦線に取り入る際は同じくその医療技術により、ベストジーニストは手術で仮死状態となって荼毘を欺いたのでした。

 

道中でベストジーニストは、街中で暴れる犯罪者を見つけて捕まえます。

警察は脱獄の件に追われ、管轄のヒーローは今の状況から事務所を畳んで逃げ、誰も助けてくれなかったとのこと。

民衆がベストジーニストの活躍に目を輝かせる一方、暗い表情で睨み付ける者も少なからずおり…。

 

ベストジーニストとホークスの行き先はホークスの家でした。

ホークスが回復して表舞台に姿を現す前に、ひとつ確認すべきことがあったのです。

中に入るともぬけの殻。

ただ母親の書き置きが残されており、荼毘の手下たちに脅されてホークスとその父親のことを話してしまい、迷惑をかけたくないから…と夜逃げしたことがわかります。

 

ホークスは、荼毘に自分の素性が漏れていた原因が母親であることを薄々わかっていました。

しかしホークスは、母を救わず見限った自分の行いが返ってきただけだと言います。

そして公安が機能停止していることで、自分を縛るものがなくなり自由になったと語るホークス。

 

幼い頃、ホークスは外出したいとせがみ続け、父に内緒で母に連れ出されたことがありました。

おもちゃ売り場に行き、オールマイトのグッズは高いからという理由で、セール品のエンデヴァーのぬいぐるみを買い与えられます。

 

しかしそれが少年時代のホークスの心のよりどころとなり、偶然にも本物のエンデヴァーがホークスを救いました。

そして今、すべきことが山積みのホークスは、自分の原点であるエンデヴァーを助けるために動き出そうとします…!

<感想>

想像以上に過酷だったホークスの境遇。

しかしエンデヴァーが幼いホークスの心も人生も救ったのだと思うと、やっぱりヒーローは必要な存在なのだと改めて気づかされますね!

世間の目は厳しくなる一方ですが、ここでなんとかエンデヴァーには復活してもらいたいものです。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事