【ヒロアカ】最新話295話ネタバレや感想!12月21日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である295話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話295話ネタバレや感想!12月21日掲載

何者かの呼び掛けで意識を取り戻す出久。

轟の生存確認をしてひとまず安堵しますが、そこで再び頭を刺すような「聞き感知」の個性が発現します!

これは四代目ワン・フォー・オールの個性

 

黒鞭の時と同様に溢れ出ることで、負荷が大きく意識を保つのすら厳しく…

 

拘束を抜けたMr.コンプレスですが、ミリオが即時対応して反撃の隙を与えません。

しかしMr.コンプレスの狙いは死柄木とスピナーのために時間を稼ぎ、死柄木の意識をハッキリ取り戻させて戦局を変えること

 

種も仕掛けもない、ただの陽動なのです。

スピナーには確信がないものの、死柄木の意識を呼び起こすキーに心当たりがありました。

 

それは、死柄木のただれたスーツの中に発見された

それを死柄木の顔面に装着した時、ギガントマキア周辺に大きな衝撃が鳴り響き…!

 

しかし目覚めた意識はオール・フォー・ワンのもの。

いい仲間を持ったと言い、死柄木には憎しみを絶やさないように語り掛けます。

 

死柄木の心が原点を強く抱けばそれだけ、共生するオール・フォー・ワンの意識も強くなるから。

 

そして電波をうまく扱うことによって、脳無に具体的な指令を伝達します。

逃走を始めるオール・フォー・ワンに、彼の意識が死柄木のものだと思い込むスピナーが、Mr.コンプレス・マキア・トガのことはどうするのかと問いますが…それらは死柄木が敗北した代償だと言い、見捨ててしまいます!

 

唯一、その意識がオール・フォー・ワンのものだと気づいていた出久!

黒鞭で食らいつきますが、あっけなく吹き飛ばされてしまいました。

 

ヒーローを目指す出久にとって、死柄木は絶対に許せない存在。

しかし死柄木がオール・フォー・ワンに飲まれた時、彼の顔が助けを求めていたかのように見えてならず、その光景が忘れられないのでした。

<感想>

最後はオール・フォー・ワンがすべて持って行った形で終わってしまいましたね。

プロヒーローに死者が出て、再起不能を思わせる負傷者も多く、街もヒーローで保っていた秩序もめちゃくちゃ。

しかし異能解放軍の被害もかなりのもので、今回は痛み分けと言ったところでしょうか?

やはり倒すべき巨悪はオール・フォー・ワンということで、操り人形にすぎない死柄木を救うことが次の目的となりそうです!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事