【ヒットマン】最新話126話ネタバレや感想!最終回まで残り1話

 

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ヒットマン】の126話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒットマン】最新話126話ネタバレや感想!最終回まで残り1話

担当作家をすべて同僚に任せ、フランスへと旅立つ剣埼!

ジャパンエキスポでフランスの子から漫画の持ち込みを受けたことから、世界にとんでもない才能を秘めた新人がいる可能性を感じ、その能力を引き出す手助けをしてやりたいと決意したのです。

 

かつて、担当作家から一人外れろと言われた時、夏目からは自分がいなくても大丈夫な作家を選ぶようアドバイスされた剣埼。

フランスで入院をした際には5人全員で上位を独占したことから、自分がいなくても全員大丈夫なのだと確信し、日本を離れる後押しになったと言いますが…。

 

それぞれの作家は、剣埼が担当から外れることで、ガッカリしたり悲しんだり不安がったりといった反応。

小鳥遊も、自分を日本一の作家にしてくれるという約束はウソだったのかと悲しそうでした。

 

ところが、剣埼が独り空港で旅立とうとする時、小鳥遊が見送りに来てくれていました!

振られたと思い込んでいた剣埼はホッとした笑顔を見せます。

 

小鳥遊は、その世界で名を残すプロがどこかぶっ壊れているという剣埼の発言を引用し、剣埼だってそうなのだと言いました。

そして、剣埼の漫画バカを理解して付き合ってあげられる自分が彼女で良かったねと、笑顔で言い…。

 

すると剣埼は、ラブコメ作家ならこの後をどう描くかと小鳥遊に尋ねます。

笑顔で抱きしめてキス以外に何があるのかと言って、ハグを求める小鳥遊ですが…もっと意表を突けとボツにしてしまい、帰ってきた時に答えを聞くと言って去って行きました。

 

その時に小鳥遊に押しつけた1つの封筒。

その中には記入済みの婚姻届が入っているのでした。

<感想>

いよいよ最終回まで残り1話!

それぞれの作家が剣埼の手を離れることを惜しみつつも、信頼を見せて送り出す様子が見られたのが良かったです。

海外作家を発掘しに行くというのは意外な展開でしたが、ジャンヌがらみのエピソードの中で布石は打ってありましたね。

最終回で小鳥遊はこのラブコメの締めくくりとして、一体どんな意表を突く展開を見せてくれるのでしょうか!?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事