【パラレルパラダイス】最新話146話ネタバレや感想!ミミの目的

 

2021年2月22日発売のヤングマガジンにて掲載された【パラレルパラダイス】の最新話である146話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【パラレルパラダイス】最新話146話ネタバレや感想!ミミの目的

ミミの頼み

ミミには何か考えがあるようで、ロミーに対し、自分と戦ってほしいことを伝えます。

自分が殺されるのはいいものの、ロミーに負けたことは納得できないから、死ぬ前にもう一度戦いたいとのこと。

 

ロミーはまだ殺されるとは限らない、と話すも、ミミはその言葉を否定。

ユーマは自身が悪だと認定した相手には容赦がないことを話します。

ミミは「素手でいい」と言い、人生最後のお願いだと話し説得を続けます。

 

素手では絶対に負けないと考えているロミーは、無言でロミーの拘束を解除します。

するとミミは、不敵な笑みを浮かべながら、ロミーに近付くのでした。

訓練とは違う

場面は過去の回想シーンへ。

ミミが「食料を狩りに行く」という名目で、ガーディアンの少女を殺しているところでした。

一人の少女の腹を鞭で刺し、生きながら苦痛を与え続けます。

 

そして残りの2人に、おとなしく体を差し出すように言うものの、一人が恐怖で逃げ出してしまいます。

ミミはその少女の体を貫き、もう一人の後ろから襲い掛かる少女に砂をかけてひるませます。

 

少女の攻撃を避けたミミは、襲い掛かってきた少女に対し、有能だと言いながら楽に死なせるため、頭を刺して殺します。

倒れる少女たちに対し、ミミは何十人も殺してきた自分に勝てるわけがない、と喜々と話すのでした。

ミミの目的

場面は戻り、ミミはロミーに対して蝋燭を投げつけます。

ロミーは顔面にそれをくらって怯んでしまい、そのまま顔面を蹴られてしまいます。

 

ミミは倒れるロミーに対し、蹴る殴るの暴行を加え続けます。

ガーディアンは殺し合いなんてしたことがないため、数えきれないくらい殺してきたミミにはかないません。

ミミは魔女になるために、人を殺しその肉を食べ続けていたようです。

 

ロミーがいくら強くても殺し合いで自分に勝つことはできない。

そうミミが言った時、ロミーはミミの両目を指で刺して反撃します。

 

そして自分は素手で人を殺したことがあると言い、ミミの顔面を殴り飛ばすのでした。

感想

なんと、ミミの本当の目的は魔女になることだったんですね。

そのために、ガーディアンの少女を殺し、その肉を食べていたようですね。

確かに交尾するよりは長く生きることができますが、相当な執念です。

前回、ロミーが倒れているシーンで終わり、殺されてしまったのかとひやひやしましたが、なんとか生きていてよかったです。

 

最初、ロミーが登場した時は、ピアノの付属品で、モブ一歩手前のようなキャラでしたが、ここまでかっこよくなるとは。

ミミを殴り飛ばした時のロミーの本気の表情がかっこよくて、このままミミを倒してしまいそうな勢いです。

 

とはいえ、ロミーも相当な暴行を加えられたので、無事で戻ってくれるのか怪しいです。

次号、巻頭カラーのようなので、物語が大きく進みそうな予感です!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事