【パラレルパラダイス】最新話141話ネタバレや感想!ロミーの過去と本当の強さ

 

2021年1月9日発売のヤングマガジンにて掲載された【パラレルパラダイス】の最新話である141話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【パラレルパラダイス】最新話141話ネタバレや感想!ロミーの過去と本当の強さ

ヨータが倒れ、何が起こったのかわからず固まる一同。

上位ガーディアンのミミは嬉しそうに大笑いしながら、国母の命令に逆らった衛兵に死刑を宣告します。

 

ガーディアンの一人が叫びながらミミに立ち向かうも、一瞬のうちに首を落とされてしまいました。

ミミの両手には、先端に刃物のついた鞭が。

その得物で、首を切り落としたようです。

 

その光景をみたガーディアンたちは恐怖で一斉に逃げ出します。

そんなガーディアンたちの首を後ろから斬り落とすミミ。

 

他の上位ガーディアンが止めようとするも、ミミは止まりません。

「国母様の名を借りて自分の加虐心を満たしているだけだ」と言うピアノ。

 

ですがミミは平然と「正義なんてどうでもいい」「咎人を処刑するのが大好き」などと話します。

そんな光景を見て、剣を抜こうとするルーミですが、鞭で簡単に拘束されてしまいます。

 

ルーミはまだ不敬罪を犯していないのでこの場では殺さないようです。

殺しはしないものの、ルーミをボコボコにしてしまいます。

何度も何度もルーミが殴られ、ピアノはこの場にある全員で戦ってもミミには勝てないと考えます。

 

その光景を見続けるロミーは、昔のことを思い出します。

過去にロミーは訓練で人を殺してしまったことがあったようです。

それは、ロミーが強すぎたせいでした。

そのときにロミーは、誰も傷つけたくない、感情のないロボットになりたい、と涙ながらに話します。

それからロミーは無意識に自分の能力を封じるのでした。

 

そして回想が終わり、ロミーがミミの顔面を蹴り飛ばすところで終わります。

感想

ヨータは今回は死んでしまったままでした。

まさかロミーがあれほど強いとは!

出てきた当初から強キャラ感は全くしませんでしたが、ここでとうとう覚醒です。

ロミーの実力がどれほどのものなのか気になりますね。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

 

 

 

おすすめの記事