【ダイヤのA act2】最新話242話ネタバレや感想!2月10日掲載

 

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンにて掲載されたダイヤのA act2】の242話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ダイヤのA act2】最新話242話ネタバレや感想!2月10日掲載

青道の2アウトランナー三塁で、打席に立つのは金丸。一球目はストレートですがファール!

ここに来て天久は、最速の151kmをたたき出します。

下位打者といえども一分の隙も見せません。

 

それでも金丸は、天久の投球が見える、ついていけるという確信を持ち、迷いなくバットを振っていました。

2球目はカーブでしたが見送り…ボールとなりました。

 

金丸は同点に追いつくことで、沢村にのしかかるプレッシャーから少しは楽にしてやろうという切実な思いをバットに乗せています。

 

3球目もボール、4球目はファールとなり、2ボール2ストライクという状況に。

金丸は粘りながら、ひたすらに甘い球がやって来るのを狙っています!

 

天久は夏の猛暑をひしひしと感じ、なんでこんな日中にスポーツなんてやらせるのかと心の中でぼやきます。

そうして投げたのはど真ん中!

金丸がバットを振るとボールはセカンドへ。

 

勢いよく走り込む金丸でしたが…送球にあと一歩間に合わず、アウトとなってしまいました。

前園をホームに送り込むことは叶わず、青道はまたしても無得点のままスリーアウト。

乗りに乗っている天久ですが、青道のメンバーたちが厳しい表情を浮かべる中、彼の健闘を称えるのは沢村でした!

 

まだまだこれからだという沢村のかけ声に、一気に明るくなる青道。

投手だけでなくムードメーカーとしての役割をきっちり果たします。

 

すると川上が立ち上がり、一人でブルペンへ。

投球は禁止されているはずですが…その手のボールを離すことはなく、シャドーでの投球練習を開始しました!

<感想>

なかなか結果を出せない打者陣ですが、負担が増える一方のピッチャーでありながらチームのメンタルまで支える沢村!

これがエースピッチャーでないなら何だというのでしょうか?

そして、青道の窮地を見てなのか、沢村の強さに感じるものがあってなのか。長らく沈んでいた川上がついに動きました!

この存在感が戦局を変えることに期待ですね。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事