【ダイヤのA act2】最新話241話ネタバレや感想!2月3日掲載

 

2021年2月3日発売の週刊少年マガジンにて掲載されたダイヤのA act2】の241話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ダイヤのA act2】最新話241話ネタバレや感想!2月3日掲載

東条によるアドリブのセーフティバントにより、前園を二塁に進めてワンアウト。

次の打者・結城将司のために東条は舞台を整えたのです。

将司のフルスイングに青道の命運がかかります…!

 

本来なら天久が脅威に感じるような相手ではないものの、1点差というひっくり返しが可能な状況で一発を狙ってくる打者が立つというのは大きなプレッシャーとなります。

インコース寄りのボールに狙いを絞っていると踏み、アウトコースへ投げますが…迷いなく捉えてファール!

アウトコースもしっかり狙ってくる算段のようです。

 

2球目は様子見のカーブを投げようとする天久。

すると力んでしまってボールに。

こうしてプレッシャーをかけ続けて天久のミスを誘うことこそが青道の狙いなのです!

 

アウトコースへの変化球も捉えてファール。

確実に投球を見切っている将司に期待がかかります。

 

この局面で天久は、カーブを投げて拾われては後味が悪いとして、前の球のスライが頭に残っているのなら差せるだろうと、ストレートを投げ…

それは将司のフルスイングにジャストミート!

ライトに向かって大きくボールが上がります。

 

しかしボールを追うライトの足が止まりました。

あともう一伸びが届かず、ライトフライに。

 

それでも前園は走りきり、ツーアウトランナー三塁という結果になりました!

どんな形であろうとも、ランナーを進めてプレッシャーをかけ続けるのが青道の野球。

それを体現して、今度は美味しいところを持っていこうと次なる打者・金丸が意気込みを見せつけました。

<感想>

ヒリヒリする緊張感が読者にまで伝わってくるようなこの試合。

下位打線でもしっかりと魅せてくれる青道には、今度こそ結果を出してくれるんじゃないかと期待せずにはいられません!

1点を奪取して投手・沢村を助ける存在として、金丸にはぜひここで決めてほしいものです。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事