【ダイヤのA act2】最新話235話ネタバレや感想!12月2日掲載

 

2020年12月2日発売の週刊少年マガジンにて、【ダイヤのA act2】の235話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ダイヤのA act2】最新話235話ネタバレや感想!12月2日掲載

主砲の4番星田を空振り三振で討ち取って、会場は沢村への歓声に包まれています!

しかしあと1回アウトを取らねばならず、気を抜くことはできません。

 

気持ちは次の投球に向いている沢村。

かつての彼を知る者達は、その姿を頼もしく感じながら見ています。

 

降谷は今日自分に出番がないかもしれないと呟きつつも、不機嫌オーラを放っていました。

次の打順は5番レフトの佐々木伸介。

田原監督はボールをギリギリまで懐に呼び込んで、コンパクトに振り抜くよう指示を出しますが…。

 

佐々木は沢村の投球のすごさを春の大会で痛感しており、よくわかっていました。

さらに今はその球速を増すことで、手をつけられない領域になりつつあることも。

だからこそ、まともに打ちに行くことでは攻略はできないと、思い知っていました。

 

佐々木が星田と同様に、バットを短く持つのを確認した御幸は、届かない外側に投げるよう沢村へ指示をだします。

ここで抑えて青道の攻撃に繋げ、流れを作りたいところですが…。

 

佐々木はこんな戦術に出る羽目になったことに悪態をつきつつも、一か八かの作戦に出ます!

それは、初めから外のみに賭けるというもので…。

 

沢村が投げるやいなや、ラインを踏み越えた佐々木は、ボールをしっかり捕らえてサードへ!

サードを抜けるやいなや、ゴーサインを出す田原監督。

 

彼はあらかじめ、レフトに浅く当たった場合に、スタメンが麻生ならストップ、将司ならゴーだと伝えていました。

それは、将司が青道唯一の穴であると見抜いていたから。

 

ボールを拾ってすぐにバックホームを仕掛けますが、その送球の高さを、ベンチにいる麻生は見ており…。

御幸はそれをキャッチしたものの、刺すには間に合わず、1点を先制されてしまうのでした

<感想>

沢村と御幸の実力の高さを見せつけられたからこそ、連続する守備陣の失態に歯がゆい思いをしてしまいますね。

レフトは穴、と言わせないように三村たちが手助けしてきたのに…やるせないです。

せめて次に打者として取り返してほしいものですが、次を抑えて青道の攻撃に転じることはできるのでしょうか?

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事