【シャングリラ・フロンティア】最新話39話ネタバレや感想!4月28日掲載

 

2021年4月28日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【シャングリラ・フロンティア】の39話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【シャングリラ・フロンティア】最新話39話ネタバレや感想!4月28日掲載

ウェザエモンの攻撃を受ける直前に復活アイテムを真上に投げ、戦闘不能になった直後に自分自身に落とす。

こうしてサンラクはセルフ蘇生に成功しました!

 

ところが戦角兜は角を折られてパリィに使えない状態となり、命潮の腰帯は全壊。

ウェザエモンの「天晴」という技には装備破壊や装甲貫通の特性がついているものと、サンラクは考察します。

 

ウェザエモンは再び、先ほどと同じ構えをします。

そして「晴天大征」と唱え始め、連続技からやり直し始めました!

サンラクはそれを必死に回避しながら、連続技と最後の「天晴」の繰り返しが「晴天大征」なのだと考えました。

 

火砕龍は発生までのラグがあるため、回避するのはそこまで難しいものではありません。

その後の灰吹雪も備えていれば回避しやすいもの。

「晴天大征」で繰り出される技はランダムですが、スタミナを維持しつつウェザエモンと3メートル前後の距離を維持していれば、サンラクは十分対応できます。

 

ところが問題は30秒経過してからの「天晴」。

明らかな即死攻撃であるうえに、回避行動も阻まれてしまいます。

太刀を破壊するのも本体の撃破も現実的な突破口ではなく…サンラクはまたしても斬られてしまい、蘇生アイテムを使用することに。

 

これによって蘇生アイテムは残り5つとなりました。

第3段階が始まりまだ5分足らずという状況で、30秒ごとの「天晴」で蘇生していては10分を凌ぐことができません。

ウェザエモンの台詞から考えても、どうにかして「天晴」を攻略することが勝利条件に思えます!

 

サンラクはそのために、パリィをクリティカルのタイミングで行うことを考えます。

一瞬でも間違えれば武器が砕かれるのは必至ですが、それを成功させる以外に勝ち目は見えません。

 

蘇生アイテムを使い切り、頭装備を戦角兜から凝視の鳥面に変更。

そして兎月を合体可能とした状態で、最後の「天晴」攻略へと乗り出します!

<感想>

やっぱり鳥頭でこそサンラク!攻撃の見切りが必要となるこの場面で、「凝視」が勝利へのカギとなるのでしょうか?

そしていよいよ武器も合体でパワーアップできるというアツい展開。

次でカッコよく天晴攻略を決めてもらいたいものです。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事