【サタノファニ】最新話167話ネタバレや感想!残るダーキニーは4人

 

2021年4月19日発売のヤングマガジンにて掲載された【サタノファニ】の最新話である167話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【サタノファニ】最新話167話ネタバレや感想!残るダーキニーは4人

小夜子をベットまで運ぶ千歌。

千歌が声をかけるも、小夜子は目を合わせようとしません。

千歌は悔しそうにした後、小夜子に優しくキスをします。

 

小夜子もそれを受け入れるも、お尻からしぐまのが流れ出ると、千歌を拒絶してしまいます。

千歌に謝りながら休ませてほしいと伝える小夜子。

千歌は部屋を後にするも、しぐまに対する怒りをつのらせるのでした。

 

部屋を出ると、若本が部屋の物品を物色していました。

その部屋は友坂と戦った部屋であり、元々友坂は五菱の諜報員であったため、いろんなものが残っているようです。

 

それを聞き、千歌も武器になりそうなものを探すことに。

千歌は若本から女医が来ていることを聞き、その他の現状を確認します。

 

駐車場の一角を五菱が占領しているものの、商店が店じまいを始めればバレるのも時間の問題とのこと。

 

あやは負けて行方知らず。

洋子がヤンに勝利し、行動を共に。

霧子とミイナは、真理央を倒した後、体制を整えているとのこと。

 

残るダーキニーは判明しているだけで4人。

「犬養ひよ里、まり亜姉妹」「桜川巴」「新藤玲衣」。

 

若本は、隊長がいるかもしれない真希の元へ行くことを話します。

元々、真希の救出が目的であり、教祖のしぐまは後回しだったものの、千歌はしぐまを必ず殺すと話します。

カレンも助け出さないと、と考えながら机の下をいじると、千歌は隠されたように保管されているUSBメモリを見つけるのでした。

 

その頃、霧子とミイナは真希の元へ向かっていました。

真希がいるところが近かったこともあり、作戦を優先しての行動でした。

 

すると前方に教団の一般信者の服を着た集団を見つけます。

すぐに隠れるもの気づかれたため、すぐに応戦。

 

霧子は殴りかかるも、簡単に避けられ投げ飛ばされてしまいます。

倒れた状態でワイヤーを使い相手を拘束し、そのままナイフで斬りかかろうとする霧子。

ですが、それをミイナが大声で止めます。

 

ミイナはその4人組の一人が千歌の兄であることに気づいたのです。

 

その頃、真希は部屋で一人、虚な目をしながら姉に話しかけていました。

すると部屋のドアをノックする人物が。

 

真希がドアを開けると、そこには笑顔の洋子とヤンの姿があるのでした。

感想

しぐまに犯されてしまって、小夜子は相当な傷を負っているようですね。

あの千歌をも拒絶してしまうほど。

これは、敵にまわってしまう事態にもなりかねませんね。

 

残るダーキニーは4人ということで、とうとう教団編もラストスパートでしょうか?

着々と戦力が集まっているものの、あの未来予知できるしぐまを倒せる気がしません。

 

千歌が見つけたUSBメモリに、何かヒントが入っているかもしれませんね。

 

そして、とうとう洋子が真希の元へ到着しました。

果たして無事に真希を連れ帰ることができるのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事